No.1290
ようろうのたき
養老の滝

放送回:0816-A  放送日:1991年10月12日(平成03年10月12日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:フクハラ・ヒロカズ
岐阜県 ) 11784hit
あらすじ

昔、美濃国の山奥に、甚太という男の子と病気で寝たきりの父親がふたりで暮らしていた。

甚太は、山へ行って薪を拾いそれをお金に換えていたが、この日は薪は少ししか売れなかった。父親の為にもお酒を買うことも出来ないので、団子を一本買うことにした。

団子屋のお祖母さんと孫娘は、甚太のことを不憫に思い一本おまけしてくれた。その夜は親子は久々に団子を食べて幸せな気分になった。

ある秋の日のこと。甚太はいつもより遠くの山へ出かけて薪をとり行ったが、奥へ行くうちに日が暮れてしまった。甚太は父親のことが気になったが、今から家へ帰るのは無理なので野宿することした。

夜が明けて目が覚めると、霧と共に良い匂いがしてきたので、匂いのする方へ歩いて行くと大きな滝に着いた。滝の水を手ですくって飲んでみると、身体が温かく元気になった。

甚太は瓢箪(ひょうたん)にこの水を沢山入れて持って帰り、父親に飲ませた。父親はこれは酒だと言った。

甚太は毎日、滝へ出かけて水を汲み、父親に飲ませたおかげで父親は元気になり働けるようになった。後日、甚太の家を訪ねた団子屋のお祖母さんと孫娘は「きっと山の神様が孝行息子の為に恵んだのだろう」と思った。

この滝の噂は国中に広がり、孝行息子が年老いた父親を養ったことから、養老の滝と呼ばれ語り継がれた。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2013-10-24 20:46)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考出典元不明ですが、初期版のリメイク版である点をふまえ「岐阜」としています。
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第13巻)
場所について美濃国の養老の滝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:美濃国の養老の滝
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/25 3:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  40  41  42  43  44  45  46  47  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
パンチョ  投稿日時 2012/5/16 1:22
そうですか・・・。僕はリメイク派だけど、もしかしたら旧作には旧作の良さがあるのかもしれませんね。すいません、僕はこの作品、絵本でしか見たことが無かったので・・・。動画で見てみれば、旧作バージョンの良さが分かり、旧作バージョンも好きになれるかもしれませんね。今度、DVD買って見てみます。
よく知りもしないで、旧作バージョンを非難するような事を書いてしまい、申し訳ないです。・・・反省します。
マニアック  投稿日時 2012/5/15 20:26
やっぱり、旧作の方がいいよ。DVD化は、旧作派の意見を聞いたのでしょう。
パンチョ  投稿日時 2012/5/15 0:58
1976年に放送された養老の滝のリメイクですか。私的には、こちら(フクハラさん作画)の方が好きです。1976年放送の方は、絵本で読んだ記憶があります。良い話なんだけど、僕はどうもこの絵柄が好きになれなかった・・・。
リメイク版の方は、絵柄もかわいいし、いつもの白いニャンコも出てくるし。見ててほのぼの出来るんだけどな・・・。こちらをDVD化して欲しかった・・・。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)