No.1264
おきのうみぼうず
沖の海坊主

放送回:0799-A  放送日:1991年06月08日(平成03年06月08日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:朝倉隆
高知県 ) 9501hit
あらすじ

昔、四国は高知の海での話。沖の海には、3月から6月にかけてカツオの大群がやってくるので、漁師たちはこれを求めて沖で漁をしていた。

この日の漁は上々で、やがて日も暮れてきたので、漁師たちは帰路に就いた。すると急に冷たく、生臭い風が吹き始め、辺りが暗くなってきた。そして、ふいに海面が逆立ったかと思うと、その中から巨大なのっぺらぼうの化け物が現れたのだ。

「で、出たぁーっ!」これには、さしもの漁師たちも、あまりの怖さにへたり込んでしまう。「柄杓(ひしゃく)を貸せ~!」化け物は舟に向かって叫ぶ。「柄杓なんか無い!」船頭がこう言うと、化け物はいかにも残念そうに海の中へと消えていった。

漁師たちは慌てて浜に戻ったが、その夜からみな高熱を出して寝込んでしまった。ところが、若い衆の中にはこの話を信じない者もいたのだ。どうせテングサか何かを見間違えたのだろうと、血気盛んな7~8人の若者が沖に向かって舟を漕ぎ出した。

するとどうだろう。沖に出てしばらくすると、やはり辺りが急に暗くなり、化け物が再び現れたのだ。「柄杓を貸せ~!」若衆の一人が、震えながら柄杓を化け物に差し出した。すると不思議なことに、柄杓は化け物の手の中でみるみる大きくなる。そして、化け物は不気味な笑い声をあげると、柄杓で海水を舟に注ぎ、舟を沈めてしまった。若者たちは命からがら浜に泳ぎ着いた。

こんなことでは誰も漁に出られない。困った村人は、吾助爺さんに相談することにした。すると爺様が言う。「その化け物は、海坊主というやつじゃ。退治するには底の抜けた柄杓を渡すんじゃ。」

こうして漁師たちの中でも屈強な者が、底の抜けた柄杓をもって海坊主を退治しに行くこととなった。沖で海坊主が出ると、船頭は爺様に言われた通り、底の抜けた柄杓を投げつける。海坊主は柄杓で水を汲もうとするが、底が抜けているので汲めない。そして、とうとう海坊主は悔しがりながら、海の底に消えていった。

それからというもの、漁に出る時には、どの舟にも必ず底なし柄杓を備えたということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-7-9 11:56)


ナレーション市原悦子
出典高知県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第3巻_妖怪がでるぞ~(発刊日:1994年7月25日)
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/9 11:56 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1 ..  18  19  20  21  22  23  24  25  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

87 人のユーザが現在オンラインです。 (64 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)