トップページ >  お話データベース >  ある所 >  くわず女房
No.1257
くわずにょうぼう
くわず女房
高ヒット
放送回:0794-A  放送日:1991年05月04日(平成03年05月04日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
ある所 ) 24747hit
あらすじ

メシを食わない女なら嫁にする、と言っていた男の元に飯をくわない女が嫁に来た。

確かに、この嫁は顔の口からはメシを食わなかったが、男が居ない間に頭のてっぺんにある大きなお口で米をがんがん消費した。

それを目撃した夫が女に離縁を突きつけると、嫁は鬼女に戻って夫を樽に入れて連れ去ろうとする。夫は何とか逃げ出し、菖蒲の葉の中に身を隠した。

追ってきた鬼女が菖蒲の葉を怖がり一命をとりとめた。それから、鬼は菖蒲に弱いとして、魔よけに菖蒲を飾るようになった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第5集(DVD第24巻)
VHS情報VHS-BOX第4集(VHS第35巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第2巻_幽霊こわ~い(発刊日:1994年6月25日)
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 68  件):   <前  1 ..  55  56  57  58  59  60  61  .. 68  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2017/2/23 18:24
「怖い」カテゴリーに入ってなかったから、安心してみてたら
かなり怖かったw 頭の口が気持ちわりい
りんご15  投稿日時 2013/8/6 8:20
 私は、昔話の中でも特に大好きなのが、この『くわず女房』です!あんなに綺麗で働き者の女性が化け物だなんて誰も思いませんよね!笑。そのギャップも魅力かな、と感じますけど・・・。

「モノを食べません」と言った時点で不審だと思わないんでしょうか?笑。まぁそれだけ、モノを食べない嫁が欲しかったんですね。

 そして、あのお嫁さん(化け物)・・・よく33個もおにぎりが食べられますね!!頭から摂取した食べ物は一体どこへいくんでしょう?・・・・やっぱり胃ですかねぇ。うーん、体の構造が気になります笑。


 昔話大好きっ!!!
さくちゃん  投稿日時 2013/7/24 16:40
このお話は、とても大好きです。
少しビビッてしまうこともあるけど、何回見ても飽きません。

日本むかし話は、おもしろいけど、こわい。
でも、その「おもしろさ」「こわさ」
が、大好きです。youtubuなどでも、よく拝見させていただいてます。

日本むかし話はほとんど知っていて、好きですが、なかでもすきなのは、
鬼子母神さま くわず女房 3枚のお札 
などが好きです。
これからもいろんなお話に出会いたいですね!
長文なのに読んでいただき、ありがとうございました。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

82 人のユーザが現在オンラインです。 (58 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)