No.1256
おおかみばしご
狼ばしご

放送回:0793-B  放送日:1991年04月27日(平成03年04月27日)
演出:前田こうせい  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:前田こうせい
茨城県 ) 13530hit
あらすじ

茨城県のとある山の中、二人の若いお坊さんが道に迷い難儀していた。すでに日はとっぷり暮れていて、月明かりもなく、時折遠くから狼の遠吠えも聞こえる。

そんな中、谷をずっと下った所に明かりがある。二人は、わらにもすがる思いでこの家を訪ねた。戸を開けると、そこには白髪頭の老婆と、若くきれいな娘がいた。

老婆は疲れている二人にやさしく声をかけ、さっそく寝床を作ってくれた。その時だった。「もってえねぇ、血が出てる。」娘はすねに怪我をした一人の坊さんの傷口を見て、こうつぶやいたのだった。「ん、もってえねぇ、こんなボロ屋に坊さまに泊まっていただいて・・・」老婆はそう続け、その場を取り繕った。

さて、皆が寝静まって夜も更けたころ、一人の坊さんがピチャピチャという物音に目を覚ました。隣を見てみれば、何と老婆が怪我をした坊さんの足の傷口をうまそうに舐めていたのだ!!

二人は恐ろしくなり、小便を口実に家から逃げ出した。するとどうだろう、老婆は「アオ~ン」と一声叫び、狼の大群を呼び寄せた。老婆と娘は岩を軽々と飛び越え、狼の群れと一緒にすさまじい速さで二人を追いかけて来る。

必死に逃げる二人だったが、とうとう崖っぷちにまで追い詰められてしまった。だが幸いなことに、崖っぷちの松の大木から蔓(つる)が伸びており、二人はこの蔓をよじ登って松の枝の上に逃れた。

追ってきた老婆と娘は、これを見て狼たちに何かを命じた。すると狼たちは、一匹また一匹と狼の上に狼が乗って、“狼ばしご”を作ったのだ。しかし、二人が逃れた松の枝までは、今少し距離が足りない。そこで老婆は狼の上に乗ると、そこからジャンプして二人に飛びかかってきた。しかし、やはり松の枝までは届かず、老婆は悲鳴とともに深い谷に落ちていった。

次は娘が二人に襲いかかるが、今度は松の枝を飛び越してしまい、これまた谷底に消えていった。こうして、すんでの所で命びろいした二人だったが、化け物の持って生まれた業の深さを思うとき、恐怖は薄れ、深い憐みさえ感じたということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-5-6 9:02)


ナレーション市原悦子
出典日向野徳久(未来社刊)より
出典詳細茨城の民話 第一集(日本の民話62),日向野徳久,未来社,1977年04月10日,原題「狼ばしご」,採録地「石岡市」,話者「山口京子」
場所について茨城の山の中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価9.4000 9.40 (投票数 10) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/6 9:02 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 20  件):   <前  1 ..  14  15  16  17  18  19  20  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
araya  投稿日時 2012/5/7 9:14
好きな話の一つです。中盤までのシリアスな展開とは対照的な
終盤のコミカルさ。お婆さんが張り切って飛び掛り、飛距離が
足りずに宙を泳ぐシーン、落ちた時に娘が「えっ…」と呆気に
取られるシーンなど、それまでのドキドキが解きほぐれていく
ようで…。ついつい何度もリプレイしてしまいますw
マルコ  投稿日時 2012/5/3 1:50
包丁じゃなくてお婆さんが怪我した旅の僧侶の傷口をペロペロ舐めていたんですよ~!!
僧侶は足を怪我していたので布団に潜り込んで・・・うわ~気持ち悪い!!
狼ババアが伸びきった乳房をゆらして逃げる僧侶を追いかけるシーンは強烈でしたよ!!
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)