トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  東京都 >  せいずのたいら
No.1253
せいずのたいら
せいずのたいら

放送回:0791-B  放送日:1991年04月13日(平成03年04月13日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:大西治子
東京都 ) 6447hit
あらすじ

八丈島のある村に、観音様を信仰する信心深いおじいさんが住んでいました。おじいさんはひとり息子に死に別れたのをきっかけに、それまで住んでいた家を手放し、持ち畑に近い場所に新たに家を建てて暮らしておりました。そこは海から吹きすさぶ風が物凄い土地でした。

ある時、八丈島の上空を風の神様が猛風を吹かせながら通り過ぎました。風の神様は自身の通り道にある物は家だろうと畑だろうと構わず吹き飛ばしながら進んで行きました。おじいさんは家に引き籠ったまま、一心に観音様に「どうぞ家が吹き飛ばされませんように」と祈っておりました。

やがて風の神様はおじいさんの家の上空にやって来ました。ところが、風の神様が吹かせる風はおじいさんの家に当たると悉く跳ね返り、あべこべに風の神様を雲の上から落としてしまいました。怒った風の神様は今までよりも更に強い風をおじいさんの家に向かって浴びせかけましたが、その内根負けしておいおい泣きながら「此処は俺の通り道なのに、塞がれてしまっては海に帰れんではないか」と叫びました。

すると、突然観音様が姿を現わし、おじいさんに向かって「今までおまえの家を吹き飛ばされないように護っていたが、風の神の行き場を奪う訳にはいかぬ。家を他に移して風の神を通して差し上げよう」と言い、おじいさんの家を掌に乗せてその場を離れると、風の来ない穏やかな土地におじいさんの家を移し替えました。風の神様は観音様に礼を述べると、大慌てで海に向かって飛んで行きました。

この時おじいさんの家が移された場所を、人々は「せいずのたいら」と呼ぶようになりました。今でも八丈島では、風の神様の通り道に家を建てる事を慎むと申します。

(投稿者:熊猫堂 投稿日時 2014/1/27 0:31)


ナレーション市原悦子
出典浅沼良次(未来社刊)より
出典詳細八丈島の民話(日本の民話40),浅沼良次,未来社,1965年08月15日,原題「せいずのたいら」,採録地「中之郷」,原話「山下寿奈」
場所について中之郷(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:中之郷(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.5000 7.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/1/27 1:06 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 28  件):   <前  1 ..  21  22  23  24  25  26  27  28  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2015/5/3 19:29
風が通らなくて滝のように泣く風の神さまがあまりにも可愛くて感動しました。
そして心優しい観音様の優しさにも感動しました。
しもゆきこさんの絵はロマンがあって物語に引き込まれます。
手書きの温かみがあっていいですね。
いいお話だと思います。
熊猫堂  投稿日時 2014/1/27 0:31 | 最終変更
中学生の頃に『八丈島の民話』を読み、この話を知りました。強風との共存を余儀なくされた島の人々の暮らしが偲ばれるお話だな、と思った記憶があります。
araya  投稿日時 2011/12/7 0:12
『八丈島の民話』(浅沼良次,未来社)によると、中之郷に伝わる話ですから、中之郷集落にポインティングしてみました。

http://g.co/maps/rp57e
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)