トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  山口県 >  ほらふき和尚
No.1211
ほらふきおしょう
ほらふき和尚

放送回:0765-A  放送日:1990年09月08日(平成02年09月08日)
演出:小原秀一  文芸:沖島勲  美術:松岡聡  作画:小原秀一
山口県 ) 8105hit
あらすじ

昔ある小さな村にほらをふくのが好きな和尚がおりました。和尚は朝昼夜にほらをいうので、村人も子坊主も呆れてしまい、真剣に話を聞くものはいませんでした。

ある時、和尚はまたほらを思いつき、寺の前にある池からいついつに龍が立ち昇るという嘘を書いた札を作り池の前に立てました。

その池には以前から龍が住むといわれていたが、本当に住むものかどうか誰も知りません。

そのためこの立て札は噂になり、そこに書かれた日のその時刻前には、村中から人が集まり池の周りに人だかりができました。

これを見て和尚は独り満足し、内心喜んでおりました。

しかし、いよいよその時刻が近づくにつれて不思議な事が起こりました。先ほどまで天気が良かったものが風が出て雲を呼び雨が降り嵐のようになりました。池の水は白波立ち、池の中央から本当に龍が現れ空高く立ち昇り消えていきました。そして嵐が去ってあたりはまた元のように鎮まりかえりました。

和尚は、この札を書いたのはわしなんだと皆に説明しだすが、誰一人信じる者はなく、和尚は却ってさらに信用を失ってしまいました。

(投稿者:もののけ師 投稿日時 2014/6/18 17:02) 


ナレーション市原悦子
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第二集(日本の民話46),松岡利夫,未来社,1969年10月20日,原題「ほらふき和尚」,採録地「大津郡、美弥郡」,話者「福永カネ、坂本宇平」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/6/19 7:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 52  件):   <前  1 ..  45  46  47  48  49  50  51  52  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

43 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)