No.0012
ゆきおんな
雪女
高ヒット
放送回:0006-B  放送日:1975年02月11日(昭和50年02月11日)
演出:りんたろう  文芸:沖島勲  美術:椋尾篁  作画:矢沢則夫・森田浩光
関東地方 / 青森県 / 岩手県 ) 57408hit
あらすじ

寒い北国に茂作と己之吉(みのきち)という猟師の親子がいた。

猟の途中に雪が吹雪いてきて、二人は山小屋で夜を明かすことになった。二人が寝ていると、吹雪とともに女の人が小屋に入ってきて、茂作に白い息を吹きかけた。すると茂作の体はどんどん凍り付いてしまった。次に女は己之吉の所に行くと、お前はまだ若いから命だけは助けてやるが、今日のことは誰にも言ってはいけないという。

一人ものになってしまった己之吉の元にある雪の夜、一人の女が一晩の宿を求めてきた。女はお雪といい、己之吉はすっかりお雪が気に入ってしまい、嫁にとり一緒に暮らし始めた。

ある吹雪の夜、己之吉は酒によって、お雪に茂作がなくなった夜のことを話してしまった。己之吉は「あのときの女はおまえにそっくりじゃったな」と言うと、お雪は自分がその雪女だと告白し、喋られたからにはもうここにはいられないと言って姿を消してしまった。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:58 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第11巻-第053話(発刊日:1977年1月10日)/童音社BOX絵本_第05巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第051巻(発刊日:1980年かも)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第23巻(絵本発刊日:1985年02月15日)/講談社テレビ名作えほん第022巻(発刊日:1978年2月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「関東地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「東北地方の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本より雪女は、雪の降る夜ひそかに現れるという、女の姿をした妖怪です。雪女に白い、冷たい息を吹きかけられると、こごえ死んでしまうといい伝えられ、恐れられています。その残酷さは、雪の冷たさ、純白の美しさと相まって、一段と増して見えるようです。この話に出てくる木こりの巳之吉(みのきち)は、雪女に助けられ、一年後、美しい嫁を迎えて幸せを手にしますが、じつはその嫁が雪女で、かつてかわした約束を破ったために、手にした幸せを一瞬にして失ってしまうのでした。ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)によって広められた怪談のひとつです。(東北地方のお話)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「青森・岩手地方の昔ばなし」
このお話の評価7.6667 7.67 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:57 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 80  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)