No.1189
うぶめのゆうれい
産女の幽霊

放送回:0750-B  放送日:1990年05月26日(平成02年05月26日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:又野龍也
山梨県 ) 13311hit
あらすじ

昔、甲斐の国の山奥の小淵沢に、次郎太という男が住んでいた。次郎太は木こりなのだが、一本の木を切り倒すのに二日も三日もかかってしまうほど力がなかった。

ある日、次郎太が松木坂を下っていると、大きな腹の女が苦しそうに歩いてきた。何でも今日のうちにこの坂の先の峠を越えて、隣町まで行かねばならないのだという。次郎太は、夜道は危ないから今日は自分の家に泊まっていかないかと申し出たが、女は見ず知らずの者の親切は危険だと感じたのか、次郎太の申し出を断って先へと行ってしまった。

それから半年ほど経ったある日。次郎太は、木を伐ろうと頑張っているうちに、日が落ちてしまった。次郎太がおっかなびっくり暗い山道を帰っていると、誰かに呼び止められた。それは半年前にこの山を登って行ったあの女であった。

女は「少しの間、生まれたばかりの赤ん坊を抱いていて欲しい」という。次郎太が赤ん坊を受け取りながら、何故こんな山道にいるのかと尋ねると、女はあの日の出来事を語り始めた。女はあの時急に足を滑らせ、そのまま深い谷へと落ちて死んでしまっていたのであった。そして女は、あの時次郎太の親切を疑ってしまったお詫びにと、大力を授けますと言って、すっと消えてしまった。

すると不思議なことに、抱いていた赤ん坊が急に重くなってきた。赤ん坊はどんどん重くなっていき、次郎太はその重みに必死に耐えた。そのうち夜があけて、よく見てみると赤ん坊と思っていたのは大きな石であった。

次郎太は、松木坂の途中にこの石で墓を作り、幸せ薄かった親子の霊を弔った。そうして産女から力を授かった次郎太は見違えるように力持ちとなり、次郎太が木を伐り倒す音は遠くの山々にこだまし、その大力ぶりは甲斐や信濃の国々にまで広く知れ渡ったということだ。

(投稿者: kokakutyou 投稿日時 2012-8-23 3:36 )


ナレーション常田富士男
出典山梨県
場所について北杜市小淵沢町の松木坂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:北杜市小淵沢町の松木坂
追加情報
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/23 4:03 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  22  23  24  25  26  27  28  .. 30  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (33 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)