トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  秋田県 >  鳥の海の開拓
No.1175
とりのうみのかいたく
鳥の海の開拓

放送回:0741-B  放送日:1990年03月17日(平成02年03月17日)
演出:玉井司  文芸:沖島勲  美術:玉井司  作画:大西治子
秋田県 ) 6976hit
あらすじ

太古の昔、まだ神々が地上を治めていた頃。

雄物川(おものがわ)の流れる今の秋田県の横手平野には、一面の湖が広がっていた。この湖には水鳥や山鳥が多く棲み、また湖に棲む鱒(マス)の群れを狙って大鷲も飛来した。それでこの横手の湖は“鳥の海”とも呼ばれていた。

さて、それから時代がずっと下って、人間がこの辺りに多く住みつくようになった。そんなある時、松島の塩釜明神の子孫と名乗る、明永長者(みょうえいちょうじゃ)、明保長者(みょうほちょうじゃ)の二人の兄弟がこの地を訪れた。

二人の兄弟は鳥の海を見渡し、この湖の水を日本海の流せば、その後に広大な田畑を作れると考え、この鳥の海を干拓することを思い立った。しかし、そのためにはたくさんの人手が必要だ。

そこで二人は、たくさんの酒を用意して七日間にわたる祭りを始めた。すると、賑やかな太鼓と笛の音に誘われて多くの人々が集まり、最後には黒山のような人だかりが出来た。頃合いを見計らって二人はやぐらの上から群衆にこう叫んだ。「鳥の海を干して田畑を作れば、食うに困ることも無くなり、醜い争いをしないで済む。どうじゃ皆の衆、鳥の海の水を流そうではないか!!」

この呼びかけに答え、鳥の海の干拓は始まった。人々は谷を削り、山に穴を開け、女や子供は歌を歌い、踊って景気をつけた。こうして長い年月をかけて工事は進み、とうとう堰(せき)を切って鳥の海の水を流す日がやって来た。

長者の合図で堰が切られると、鳥の海の水は怒涛となって日本海に注いだ。そして水が引いた後の鳥の海は、果てしなく広がる肥沃な土地に変わった。大地には米や麦がよく実り、横手平野は末永く栄えていった。

そして二人の長者は、横手の御岳山(みたけやま)の上から、この黄金色に波打つ平野を眺めて、今でも百姓たちの暮らしを見守っているということだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2013-11-8 6:29) 


参考URL(1)
http://history.riok.net/chapter01_section01.html
参考URL(2)
http://www.pacs.co.jp/hist_walk/walk_akita03/yokote_myouei_numa/index.html
ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(未来社刊)より
出典詳細秋田の民話(日本の民話10),瀬川拓男、松谷みよ子,未来社,1958年07月30日,原題「鳥の海の開拓」,採録地「横手市」
場所について横手市山内大松川字御嶽山の御岳山(塩湯彦=明保長者を祭る)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:横手市山内大松川字御嶽山の御岳山(塩湯彦=明保長者を祭る)
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/11/8 6:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 32  件):   <前  1 ..  26  27  28  29  30  31  32  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)