No.0117
やまぶしいし
山伏石
高ヒット
放送回:0071-B  放送日:1977年02月12日(昭和52年02月12日)
演出:亜細亜堂  文芸:沖島勲  美術:亜細亜堂  作画:亜細亜堂
岩手県 ) 37397hit
あらすじ

平泉の中尊寺から西へ半里ほどいったところに戸河内川(とかないがわ)が流れていた。

ある日のこと、この戸河内川に沿って若い山伏が歩いていると、草履を川に流されて困っていた美しい女に出会った。その女から、自分をおぶって一つ上の琴ヶ滝まで運んでほしいと、頼まれた。山伏が女を背負って琴ヶ滝まで運び、帰ろうとした際に、女の腕にうろこが生えている事に気が付いた。

実は、女は琵琶ヶ滝にすむ妖怪で、琴ヶ滝に住む夫に会いに来たのだと言う。そして、この事を誰かに言うと石にしてしまうぞ、と女から口止めされた。山伏が辺りを見回すと、滝つぼの周りには石にされた村人が並んでいた。

次の日、山伏が村人たちと琴ヶ滝に行き、妖怪を退治するために必死にお経を唱えた。琴ヶ滝の妖怪は退治されて石になったが、山伏の下半身も石になってしまった。動けなくなった山伏は、今度は女の妖怪と対決すべく、村人たちに担がれ琵琶ヶ滝に向った。山伏は琵琶ヶ滝の妖怪を退治するも、妖怪の魔力で自身も全身石になってしまった。

今でも戸河内川の水が枯れた時、淵の底から二つの妖怪たちの石が見られるそうだ。

(紅子 2011-7-15 23:35)


参考URL(1)
http://furusato.fmii.co.jp/hiraizumi/2015/04/03/odaki/
参考URL(2)
http://takimitai.blog.fc2.com/blog-entry-756.html
ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第6集(DVD第27巻)
VHS情報VHS-BOX第6集(VHS第59巻)
場所について平泉の戸河内川(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:平泉の戸河内川(地図は適当)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第16巻-第078話(発刊日:1977年6月15日)/講談社テレビ名作えほん第033巻(発刊日:1980年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍によると「岩手県のお話」
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/7/15 23:35 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 80  次>  
コメント一覧
2件表示 (全12件)
やっさん  投稿日時 2011/7/16 10:50
とかない川は戸河内川でしょうな。Googleとか普通の地図では出て来ないかもしれまんが、下の国土地理院?の地図で見れます。
あらすじにもあるように中尊寺から西へ2キロほど(東北自動車道の左のほう)行くとあります。(かなり拡大しないと出てきません。1/90000以上)
http://portal.cyberjapan.jp/denshi/index3.html
beniko  投稿日時 2011/7/15 23:38
このお話しの、ことがたき・びわがたきって実在するのでしょうか?
そもそも、とかないがわって今の「北上川」の事かなあ。。情報求む。
投稿ツリー
2件表示 (全12件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)