No.0116
てんぐのこま
天狗のこま

放送回:0071-A  放送日:1977年02月12日(昭和52年02月12日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:末永光代  作画:白梅進
静岡県 ) 9250hit
あらすじ

昔、まわりを深い杉の木立でぐるっと囲まれた小さな村に、国清寺という寺がありました。寺の周りも深い杉の木立が取り巻いており、昼間でも尚暗く、その上その杉木立の中には昔から「天狗の鼻」と呼ばれる、奇妙な形をした岩が祀られていたそうな。

さて、この国清寺にはいたずら者の「一兆さん」という小僧さんがいました。この一兆さんの悪戯には、和尚さんもほとほと手を焼いておられました。

和尚さんがお出かけで不在の時などは、一兆さんは修行もせず、村の子供たちとコマ回しをして遊んでいました。一兆さんのコマは強く、他のコマを弾き飛ばし、みんなのコマを巻き上げてしまうほどでした。

そんな一兆さんでしたが、たった一つだけ怖いことがありました。それは夜に便所に行くことです。今夜も寺の長い長い廊下を思い切って駆けて行き、渡し板を渡って便所に駆け込みました。やっとの思いで用を足して戻ってくると、先ほど渡った廊下の渡し板が落ちて部屋に戻れなくなっていました。

その時、天狗がばたばたっと一兆さんの周りに降り立ったかと思うと、あっというまに一兆さんの体は宙に持ち上げられ、何やら真っ暗い場所に連れさられてしまいました。天狗たちは、いたずら者の一兆さんを天狗に変えようとしました。一兆さんが必死に嫌だと抵抗すると、自分の懐(ふところ)にコマが入っているのに気付きました。

コマ回しなら誰にも負けんと思った一兆さんは、天狗達にコマ回しの勝負を持ちかけました。一兆さんは、天狗たち相手に勝って勝って勝ちまくりました。ことごとく負けた天狗達は負けコマを一兆さんの懐にむりやりねじ込むと、ものすごい笑い声と羽音と共に飛び立っていきました。

気が付いてみるとすっかり夜は明けており、一兆さんの懐の中のコマは、不思議なことにすべてキノコに変わっていました。その夜、国清寺では一兆さんの話に大笑いしながら、みんなでお腹いっぱいキノコを食べたということです。

(投稿者: こかく 投稿日時 2013-7-9 16:17)


ナレーション市原悦子
出典岸なみ(未来社刊)より
出典詳細伊豆の民話(日本の民話04),岸なみ,未来社,1957年11月25日,原題「天狗の独楽」,採録地「吉田」
場所について一兆さんの国清寺(こくせいじ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:一兆さんの国清寺(こくせいじ)
追加情報
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/7/9 19:40 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 38  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2016/5/15 11:14
絵が、スタジオ・アローさんが描く絵に似ている。



新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)