トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  山梨県 >  どうもこうも
No.1154
どうもこうも
どうもこうも

放送回:0729-A  放送日:1989年12月16日(平成01年12月16日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:白梅進
山梨県 ) 7206hit
あらすじ

昔、信州にドウモという医者がいて、甲州にはコウモという医者がいました。どちらも外科を専門とする名医で、特に自分が作る傷薬には絶対の自信を持っていました。そこで、お互い手紙のやり取りをして、腕比べをすることになりました。

この話は周辺にも広まり、大勢の見物人があつまりました。皆が見守る中、二人はこれまでの治療実績を披露していましたが、なかなか勝敗がつきません。そこで、自分たちの作った傷薬の効果を、実際に試すことにしました。

ドウモとコウモはお互いの刀を抜き、互いの胴体をすっぱり二つに切り離しました。見物人たちは、二人に言われた通りに傷薬を付けて、切れた体を貼りあわせました。なにせ見物人たちは素人なので、四苦八苦しながら体をくっつけました。

しかし、ドウモが水を飲めば傷口から水が漏れたり、コウモがくしゃみをすれば接合部分がズレたりしました。二人は、傷を縫い合わせしてなかった事を思い出し、慌てて傷口を糸で縫いました。無事に縫合を済ませると、今日のところは引き分けとし、二人とも高笑いしながら帰って行きました。

その後、地元に戻った二人は医者としてますます活躍し、もちろん傷口も化膿することも無く、死ぬまでどうもこうもなかったそうです。

(紅子 2012-5-14 23:26)


ナレーション市原悦子
出典土橋里木「続甲斐昔話集」より
出典詳細続 甲斐昔話集(諸国叢書),土橋里木,郷土研究社,1936年10月20日,原題「ドーモーコーモー」,話者「橘田儀三郎」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.0000 5.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/14 23:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  19  20  21  22  23  24  25  .. 30  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

81 人のユーザが現在オンラインです。 (56 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)