No.1121
もきちのねこ
茂吉の猫
高ヒット
放送回:0707-A  放送日:1989年07月15日(平成01年07月15日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:辻伸一
秋田県 ) 48019hit
猫が年をとって化け猫となり、飼い主を殺そうとした話

昔、秋田の安仁町(あにまち)に茂吉というぐうたらな男が、年老いたトラ猫と住んでいた。

ある日、茂吉の所に覚えのない酒の請求がきて、「歳をとったトラが化け猫になって、酒を飲むことを覚えたのだろう」と気が付いた。酒を買いに行っていた事がばれたトラは、茂吉からキセルを投げつけられて夜の闇の中を走って逃げだした。

暗闇の中、必死に茂吉が追いかけると、化け物が集まるという原っぱに出た。そこには化け猫たちが集まり、トラが持ってくる予定の酒を待っていた。しかし、酒を持たず怪我もしているトラの姿を見て「茂吉を殺せ!」と大合唱が起こった。

それを見ていた茂吉がはっと目を覚ますと、いつのまにか自分の家だった。茂吉は、もしや昨夜の事は夢だったのか、と思いつつ、とりあえず朝飯を食おうと思って茶碗を手に取った。すると、寝ていたトラがものすごい勢いで走ってきて茂吉の飯の上を飛んだ。

茂吉は「トラがとび越えた飯を食えば茂吉は死ぬ」と、昨夜の化け猫たちが話していた事をはっきりと思い出した。茂吉が飯に手をづけずに茶わんを床に置くと、悟られた事が分かったトラはそのまま家を出ていった。

(紅子 2011-11-28 2:59)


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細妖怪と人間(日本の民話07),瀬川拓男,角川書店,1973年4年20日,原題「茂吉の猫」,伝承地「秋田県」
場所について北秋田市阿仁小沢鉱山(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:北秋田市阿仁小沢鉱山(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.3684 7.37 (投票数 19) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/28 2:59 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 31  件):   <前  1 ..  25  26  27  28  29  30  31  次>  
コメント一覧
2件表示 (全12件)
micco  投稿日時 2014/4/12 15:21
怖い話でありますが、茂吉の猫への最後の台詞がなんとも切ないです
モトワ  投稿日時 2014/1/15 11:38
この話も怖かったです

「ばけものづくしの原」(でしたっけ?)の大きな椿の樹の下で奇妙な歌を歌って踊っていた化け猫たちが、茂吉のせいで今夜は酒もないと判った時の「殺すべし!」というシュプレヒコールの怖いこと!

通常はどんなキャラも市原さんと常田さんが声色を変えて担当するのに
この回の化け猫たちの声は音声が加工されているようで、それが更に恐怖感をアップさせてました!

私の記憶にある限り「まんが日本昔ばなし」で音声が加工されていたのはこの回のこの部分だけのような気がします…
投稿ツリー
2件表示 (全12件)
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)