トップページ >  お話データベース >  四国地方 >  香川県 >  カワウソと甚平さん
No.1105
かわうそとじんべいさん
カワウソと甚平さん

放送回:0697-A  放送日:1989年05月06日(平成01年05月06日)
演出:三善和彦  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:小堤一明
香川県 ) 6335hit
あらすじ

むかしむかし、あるところに甚平さんという男が住んでおりました。この辺りの村人はよくカワウソに化かされていましたが、力自慢の甚平さんは自分は絶対化かされないと豪語していました。

ある日甚平さんは、遠くの親戚の家へ法事で出かけました。そうしてすっかり夜も更けた頃、甚平さんはご馳走の詰まった重箱を下げて、暗い夜道を家へ帰ることにしました。

ところが、甚平さんの後ろから綺麗な女が歩いてくるのです。「これはきっとカワウソが女に化けて、重箱を狙っておるのに違いない。生け捕ってやろう。」と思った甚平さんは、用心しながら歩いて行きました。女はどこまでも甚平さんの後をついてきます。

しばらく行くと、前の方に提灯の明かりが見えました。それは、心配して迎えに来た甚平さんの女房でした。甚平さんは重箱を女房に渡し、先に帰らせました。

やがて女はどんどん近寄ってきて「足が痛いので手を引いて下さいませんか」と言います。甚平さんが女の手をとると、その手はとても柔らかく綺麗でしたが、袖口の奥を覗くとモジャモジャッと毛が生えているのでした。

そのうち女は「私を背負って下さいませんか。」と言いだしました。甚平さんは、よっしゃと女を背負いましたが、これがえらい重さでした。甚平さんは、逃してなるものかと重いのを我慢して歩き続け、やっとのことで家までたどり着きました。

甚平さんが背負っておったのはお地蔵さんでした。不思議がる女房を尻目に、甚平さんはお地蔵さんを縛り上げ「さっきの重箱はどうした?」と女房に聞きました。ところが女房は、重箱なんか知らん、迎えになんか行っとらんと言うのでした。

甚平さんが背負ってきたのはやっぱり本物のお地蔵さんでした。そして甚平さんを迎えに来た女房も実はカワウソだったのです。こうして絶対化かされないと思っていた甚平さんも、カワウソにまんまと化かされた。ということです。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2012-7-15 11:20)


ナレーション市原悦子
出典香川の伝説(日本標準刊)より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/15 12:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 8  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

53 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)