No.1083
ゆきじょろう
雪女郎

放送回:0682-B  放送日:1989年01月14日(平成01年01月14日)
演出:辻伸一  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:辻伸一
滋賀県 ) 9002hit
木を伐採しすぎて雪崩に飲み込まれた村の話

滋賀県の伊吹山(いぶきやま)の西北にある青梅山小梅山(おうめ山こうめ山)には、良い木がいっぱい生えていたので、この辺の人々は薪(まき)や炭を作って暮らしていた。

炭は、かいづみ焼きという方法(生木を切りすぐに燃やして炭を作る方法)で作るのだが、沢山の木を使う割にはあまり炭はできなかった。そのため、青梅小梅の木はすっかり伐採され、いつしか山は丸坊主になってしまった。

ある年の冬の事、村人が空き家になっている屋敷の庭の井戸に、一人の女がいるのを見かけた。この美しい女は雪女郎で、井戸の水をくみ上げては捨てくみ上げては捨て、を何度々も繰り返していた。村長は「これは村が洗い流される事を予言しているのではないか」と考え、さっそく夜のうちに東側の小高い丘に村人たちを集めた。

やがて朝になり、ハゲ山から大きな地響きとともに雪崩が起き、村々を飲み込み家を押しつぶしていった。雪女郎の予言通りとなり、きっと山の木を切り過ぎて山の神様が怒ったのだろう、と考えた村人たちは、それからは木を切った後は苗を植えるようになった。今では、青梅小梅はたくさんの立派な大木がしげる山になった。

(紅子 2011-11-23 0:44)


ナレーション市原悦子
出典滋賀県
場所について大梅小梅の山か?(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:大梅小梅の山か?(地図は適当)
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第1巻_お化けがでたあ~(発刊日:1994年5月25日)
このお話の評価9.4000 9.40 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/23 0:44 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 16  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
beniko  投稿日時 2011/10/29 2:01
とりあえず川の合流地点にマッピングしました。もし違ったら再度ご指定下さい。いつもありがとうございます。
araya  投稿日時 2011/10/29 0:52 | 最終変更
伊吹山の北西、姉川の流域で、山の木が伐れなくなったら、板名古川の奥地へってことだと、姉川と板名古川が合流するところ辺りの山が、舞台となった大梅小梅の山でしょうかね。
http://g.co/maps/j8da3

「姉川妹川」の舞台はここより下流ですが、その近くの話ですね。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)