トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  秋田県 >  豆つぶころころ
No.0010
まめつぶころころ
豆つぶころころ
高ヒット
放送回:0005-B  放送日:1975年02月04日(昭和50年02月04日)
演出:亜細亜堂  文芸:平見修二  美術:青木稔(内田好之)  作画:亜細亜堂
中国地方 / 秋田県 ) 39768hit
正直じいさんと欲深じいさんが豆粒を追いかけ、不思議な冒険を体験

正直者のおじいさんがかまど(竈)の中に豆を一粒落としてしまった。

おじいさんが「一粒の豆でも粗末にできない」と言って竈の中を探すと、ぽっかりと穴が空いて中に落ちてしまった。そこにお地蔵さんがいて、豆は食べてしまったが、そのお礼にと、この先の赤い障子の家で米つきを手伝い、そのまた先の黒い障子の家の天井裏にのぼってニワトリのまねをすると良いことがあると言う。

最初の家はネズミの家だった。ネズミが「ニャーという声、聞きたくないぞ。」と言っていた。
おじいさんは米つきを手伝った。おじいさんはお礼に赤い着物を貰った。次は鬼の家で、金銀を前に鬼たちが博打をしていた。おじいさんがニワトリのまねをすると、鬼たちは朝が来たと勘違いして宝物を残して慌てて逃げ出してしまった。おじいさんは宝物をもって家に帰り、そのことをおばあさんに話した。

するとその話を盗み聞きしていた隣のよくばりなおじいさんは、ざるにたくさんの豆を入れて、おじいさんの家にやって来ると竈の中へそれをぶちまけ、穴の中へ飛び込んだ。そしてお地蔵さんに教わったとおりネズミの家へ行くと猫のまねをしてネズミを脅かして宝物をとってやろうと思ったが、びっくりしたネズミはおじいさんにむかって杵を投げつけた。

あわてて逃げ出して鬼の家に行ったが、鬼が怖かったため間違って「一番どり~、二番どり~」と叫んでしまい、怒った鬼たちによって谷底へ蹴飛ばされてしまった。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:57 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
VHS情報VHS-BOX第1集(VHS第3巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第8巻-第040話(発刊日:1976年9月20日)/童音社BOX絵本_第24巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第037巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第9巻-第34話(発刊日:2006年4月18日)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第19巻(絵本発刊日:1984年10月15日)/講談社テレビ名作えほん第010巻(発刊日:1977年9月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「秋田地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「中国地方の昔ばなし」
講談社のデラックス版絵本よりかまどに落とした豆粒を探すうちに、不思議な世界に紛れ込んでしまったお爺さんは、お地蔵さんに教えられて赤い障子の家と黒い障子の家に行き、赤い着物と大判、小判を手にして戻ってきます。天上と同じように、人々は地の中にも人間界とは違う夢の世界を描いていたのでしょう。隣の欲深爺さんは、さっそく真似をし、さんざんな目にあいます。正直でまめに働く人間は報われ、欲の皮のつっぱった人間は罰を受けるという事を、昔の人はいろいろな話に託し、戒めとしていたのです。(中国地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「秋田地方の昔ばなし」
このお話の評価9.1250 9.13 (投票数 16) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:57 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 32  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 32  次>  
コメント一覧
6件表示 (全6件)
untui  投稿日時 2017/8/4 18:20
これ、テレビ放送時には旧作の桃太郎とカップリングだったけど、vhsではリメイク版とカップリングしてた。


桒山雅妃  投稿日時 2015/3/3 20:16
しゃべって口動く地蔵が好き!
ヘリコプター★ピロリン  投稿日時 2014/6/24 11:55
正直爺さんの話を盗み聞きしていたのは、欲張り爺さんではなく婆さんです。欲張り婆が爺に話の内容を聞かせて行って来いってなぁ感じです。欲張り爺は御地蔵様から美味しい話を聞き出すと地蔵を蹴飛ばして赤い障子の家へ向かいました。その時点で罰当たり確定ですが・・・。作画がど根性ガエルに似ているのは気のせいですかねぇ・・・。爺が綺麗な着物を持ち帰って来ると勝手に期待して、自分の着物を燃やしてしまった欲張り婆www垂れ乳が何とも言えません。
ゲスト  投稿日時 2014/6/15 14:04
いやいや、お地蔵様。黒い障子の家でのそれは……窃盗を推奨してるとしか……(汗
MARIE  投稿日時 2013/6/26 10:45
 小学生の時TVで見たことがあります。
 「おむすびころりん」などに見られる、おじいさんが宝物を持って帰ってきて、隣の欲張り爺さんもまねをしようとしても何ももらえなかったりするという、よくあるパターンの話ですね。

 正直で優しいおじいさんは純粋に良いことをしてそのお礼をもらい、幸福になります。
 これに対し、欲張りで意地悪なおじいさんは強引に自分の利益だけを求めようとしたので、結局何ももらえなかったり、自分がその行動の結果としてひどい目にあったりしたのでしょう。

 良いことをすれば幸福になり、悪いことをすれば不幸になる、ということを教えているのではないかと思います。


 赤い障子の家で、ネズミたちが「♪ニャ~という声聞きたくない ニャ~という声聞きたくない 」と歌っていて、その家で餅つきを手伝う場面は、『おむすびころりん』でおじいさんがネズミの穴に案内される所と似ていますね。


 
なおち  投稿日時 2013/6/10 21:58
豆つぶがころがって地下のおじぞう様が食べる。
昔ばなしですが、ロマンのある話で良かったです。
無表情なおじそう様の顔に、市原さんの声で
「豆なら私が食うた」と言うシーンが、とても
印象に残っています。
投稿ツリー
6件表示 (全6件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)