トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  富山県 >  天までとどいた竹の子
No.0292
てんまでとどいたたけのこ
天までとどいた竹の子
高ヒット
放送回:0182-A  放送日:1979年04月21日(昭和54年04月21日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:前田実
富山県 ) 39237hit
あらすじ

昔ある所にじいさんとばあさんが住んでいた。

ある日2人が縁側でうたた寝をしていると、縁側の下から一本の竹の子が生えてきた。その竹の子はそれからグングン伸び続け、やがて天まで伸びて頭が見えなくなった。どこまでも伸びた竹の子を見てじいさんは、その竹の子を登ってみることにした。朝早く登り始めて何時間も登り、ようやく頭に着くとそこは月の世界だった。

じいさんが月の世界を見回していると、遠くに大きな屋敷があって、そこからなにやら光るものが出て来た。そしてじいさんの前まで来ると「わしは星の子じゃ。じいさまを屋敷まで案内する」と言うとじいさんを乗せ屋敷まで連れていった。屋敷に入るとそこには美しい姫さまがいて、じいさんをごちそうや楽しい踊りでもてなしてくれた。

そして夕方、ばあさんが首を長くしてじいさんの帰りを待っているとじいさんが帰ってきた。じいさんから月の世界の話を聞いたばあさんは、今度はぜひ自分も行ってみたいと言うので、じいさんは連れていってやることにした。

じいさんは、ばあさんを革袋に入れて口にくわえて持っていく事にした。運んでいる途中、口を開けたら落っこちてしまうので、決して「話し掛けないように」と、ばあさんに言いきかせて出発した。しかし、途中でばあさんはどうしても我慢できずに話しかけはじめ、じいさんは口が開けないので「うんうん」と言っていた。

じいさんはもくもくと登り続け、ようやく竹の子のてっぺんが見えかけた時つい、「ばあさま、着いたぞ!」と口を開けてしまった。その拍子にばあさんを入れた袋は、まっ逆さまに地上へ落っこちてしまった。

じいさんが地上へ戻ってみると、ばあさんの姿は無く、ただ畑の蕎麦の根元が真っ赤に真っ赤に染まっていた。ばあさんの血で染まったのだろう。 

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典石崎直義(未来社刊)より
出典詳細越中の民話 第一集(日本の民話35),伊藤曙覧、石崎直義、佐伯安一,未来社,1963年09月20日,原題「天までとどいた竹の子」,採録地「西砺波郡」,話者「石崎しげ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.1538 8.15 (投票数 13) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 27  次>  
コメント一覧
5件表示 (全15件)
ゲスト  投稿日時 2016/9/27 22:41
かなしーーー!!
半端ないねww
ゲスト  投稿日時 2016/3/18 19:32
じいさんの精神力と体力ハンパないね…。私ならすぐあきらめそう…。高い所怖い。
もみじ  投稿日時 2013/5/16 16:19
うわぁ……結末が悲惨すぎる(´Д`;)
婆さんの姿はなく、畑の蕎麦が真っ赤に真っ赤に染まっていた…って
それって要するに体は木っ端微塵ってことでしょう?((((;゚Д゚))))
うぅ…なんともエグイ話だ……(´;ω;`)
パンチョ  投稿日時 2012/5/9 1:15
物語の中盤くらいでオチが読めたが。
それにしても、おばあちゃんかわいそう。
おじいちゃん、おばあちゃんを革袋に入れて、口にくわえて運ぶより、おんぶしてあげれば良かったのでは?
ゲスト  投稿日時 2011/10/21 20:58
どうして、こんな悲惨な結末にするんだー!
投稿ツリー
5件表示 (全15件)
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)