雨乞いの阿か池 についてのコメント&レビュー投稿
昔、京都の丹波に与助という一人暮らしの若者が住む村がありました。与助は両親を相次いで事故で亡くしてから、人と話す事もなくなり仕事もあまりしなくなりました。 その年は雨が...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:beniko 投稿日時 2012/1/26 0:28
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 最終変更
この阿か池は、雲厳寺(うんげんじ)にあると話中で語られますが、お寺の場所がわかりませんでした。寺の漢字は書籍にて確認しましたので、正しいと思いますが、ちょっと確証がありません。池の場所や現在の状況など、ご存知の方がいましたらたら教えて下さい。
※訂正:雲厳寺ではなく「雲岩寺」でした、私が確認しようと見た本も、出典元とは違う本を見たのでしょうね。地図も訂正済み。(2012-11-14)
投票数:23 平均点:10.00

投稿者:丹後のもっちゃん 投稿日時 2012/11/14 19:30
この物語は、京都府与謝郡与謝野町岩屋にある雲岩寺に古くから伝わる物語です。町の教育委員会にもこの物語と同じ資料も在ります。丹後も昔は丹波の国と呼ばれていた時代があったようです。 この物語に出てくる雲岩寺は鎌倉時代には修行僧の修行の場として記録の残る古いお寺です。春には、山一面つつじが大変きれいです。(4月の中頃)
この物語があると知り地域の子供たちに見せてやりたいと思っていますが、まだ、DVDにアップされていないようで残念です。
投票数:21 平均点:10.00

投稿者:beniko 投稿日時 2012/11/14 20:47
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
おー、教えてもらってありがとうございました。私が寺の名前を聞き間違いしていたんですね。さっそく訂正しましたので、ご確認ください。
※今は雲岩公園となっていて、赤池と言われているそうですね。肝心の赤池の写真は見つかりませんでした。
http://www.tangokankou.jp/machiaruki/nature/07.html
投票数:22 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/10/26 21:49
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
すげーいい話。動画もあわせてみて感動しました。
投票数:21 平均点:10.00

投稿者:華煌 投稿日時 2019/12/16 14:01
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
与助の深い悲しみが強く伝わってきました。
村の人々の温かい心尽くしにも感動しました。
両親は亡くしたものの、村の人々のお陰で、与助は救われたのでしょう。
その恩に報いるため、自分の命と引き換えに村を救おうとしたのでしょう。
双方の思いやりが村も与助も両方とも救ったのでしょう。
すばらしいお話でした。
心が温かくなりました。
投票数:24 平均点:10.00

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

9 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)