里芋と豆腐のけんか についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある村の大きなお屋敷の台所での話です。とっぷりと夜も更け、台所の野菜たちもみんな静かに眠っていました。 やがて壁の穴からネズミが出てきて、ザルの中の里芋を一つ蹴っ飛...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:beniko 投稿日時 2011/11/22 12:38
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 |
このお話はちょっと独特な雰囲気になっていますが、もしかして世界のお話の中に元ネタになった童話などがあったのかなぁ、と思います。もし、類似のお話を知っている人がいたら、是非教えて下さい。(そもそも世界の話が元になっているかどうかわかりません、紅子がそう思っただけです)
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:araya 投稿日時 2011/11/22 15:48
越中か越後あたりの話ですね(^_^)。台所での深夜の一幕。確かに独特な雰囲気がありました♪

器物が主人公の話は、由来話であったり、教訓話であったりですけど、人の世で起こることの喩え話として語られることもありますから。どっちの言い分ももっともな時は痛み分けになることもある、ケンカはほどほどにしとけってことかもしれません。もしかしたら、ろくすっぼ吟味せずに喧嘩両成敗ばかりしてた代官所に対する風刺なんてのもあるかもしれませんね。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:araya 投稿日時 2011/11/26 23:14
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
『越中の民話』(石崎直義,未来社)に富山市で採録されたものとありました。富山市のどことは特定できませんが、ひとまず…

http://g.co/maps/ffzsk
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:愛善院 投稿日時 2016/8/25 18:30
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
グリム童話「ワラと炭と空豆」→日本昔ばなし「そら豆の黒いスジ」に似た雰囲気を感じるものの、由来話でないところがこの話のミソですね(いや、醤油ですね)
少し前までの日本では、こういうふうに機嫌を損ねた素振りをしてケンカをおさめるような「アニキ肌」な人材が重宝がられたものでありますが、今は「アイツを怒らせるくらいなら止めておこう」となるような斜めな人間関係をだいぶ見かけにくくなりました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)