稲むらの火 についてのコメント&レビュー投稿
昔、和歌山の広村に儀兵衛(ぎへい)という男が住んでいました。生来の恥ずかしがり屋のため30歳すぎても独身でしたが、隣に住む綾(あや)さんが大好きでした。 ある夏の夕暮れ、...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:ゲスト 投稿日時 2011/11/13 11:32
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 |
 子供の頃にこのお話を見て“大津波がくる前には干潮の時間でなくても潮が引く”“津波は恐ろしいもの”というのが今でもとても印象に残っています。
 東日本大震災で“津波てんでんこ”という言葉が伝承されていたおかげで助かった命があるように、このお話を子供だけではなく、たくさんの人々に知ってもらい、いざという時に少しでも多くの人々の命が助かればいいなと思います。
 最後になりましたが今回の震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
投票数:3 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/10/18 18:45
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
今日のニュースで、和歌山県広川町で行われた
稲むらの火祭りが取り上げられていましたので
この話が実話だった事を知りました。
モデルになった浜口梧陵さんの功績をたたえる
お祭りで、稲束に火を放ち、稲むらの火の故事の
再現もしたそうです。
過去の災害を昔話やお祭りを通して、身近な物
として感じ直す事も、防災の一環だと思います。



 
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2017/6/25 13:28
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
ヤマサ醤油の七代目、浜口梧陵の行動をもとに書かれた話。
2011年の震災後に注目を浴び、一部の国語の教科書にも載るようになりました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:櫻井日茉莉 投稿日時 2018/12/9 15:40
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
素晴らしかった。
ぎへいの勇気に感動した。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:JPC 投稿日時 2019/7/27 22:31
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
最近調べて、安政地震の実話に取材した話と知りました。
作中に地震が発生した時、主人公いわく「昨日も地震があったが…」という台詞も、
1854年末に東海・南海と2日連続で大地震が発生した史実と符合しています。
こうして昔話を掘り下げていくと、意外な事実を再発見できて面白いですね。
『みちびき地蔵』も1896年の話ですし、昔話といっても存外近世の話もあるのが意外でした。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)