宝の下駄 についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある村に貧乏な男の子と病気の母親がいた。親孝行なこの男の子は、逆立ちするのが得意で、いつも逆立ちして歩いていた。 明日は正月なのに、男の子の家には一粒の米も無かった...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/3/26 15:54
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 |
「ごんぞう虫」と類似話ですね。
投票数:8 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/4/21 1:47
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
小学1年生の冬のお楽しみ会で作った紙人形劇のお話をなんなのか思い出したくて調べたらこれだった…懐かしいなぁ…
投票数:9 平均点:10.00
返信する

投稿者:アーリアジャースル 投稿日時 2017/8/3 19:42
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
スタジオアローとは白梅進さんの事です。
投票数:9 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/6/10 19:52
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
話の展開が面白いです。
投票数:11 平均点:10.00
返信する

投稿者:アーリアジャスール2世 投稿日時 2020/5/16 10:28
この後、ごんぞうおじさんの財産と屋敷は男の子とその母親が引き継いだらしい…
投票数:9 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2021/1/24 16:56
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
お母さん想いの男の子は孝行者、権三おじさんは欲深でけちんぼ。
投票数:9 平均点:10.00
返信する

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/8/19 2:24
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と似たような話は、「ふるさとの民話3・岡山県の民話」(偕成社)にも収録されています。
「一本足のげた」という題です。
「むかし、ある山おくに、びんぼうなおかあと子どもがすんどったそうな。おかあは、ながいあいだ病気でねとった。子どもの五平(ごへい)は、山でたきぎをとり、町までせおうてでて売っとった。その金でおかあのくすりを買い、ムギやキビを買うて、食うとった。ところが、だんだんくすりのねだんがたこうなって、おかあのくすりを買うのがやっとのこと、食うもんは買えんようになってしもうた。五平は、こまってしもうて、ごんぞうというおじの家へ金をかりにいくことにした。」という書き出しで始まっています。
巻末の「岡山県の民話地図」では、新見市の話となっています。
また、解説では「中国地方の方言でゴンゾウは、ならず者、無頼漢の意味です。小さな虫になってもまだ、小判ほしさにげたの緒にしがみついている権蔵のすがたに、人間だれもが心の奥にもっている欲望を見せられた思いで悲しい気がします。」と書かれています。
小判一枚につき身長が低くなるというのは、たしか「ドラえもん」の漫画でも、百円玉一枚につき身長が縮むという「デビルカード」という話がありました!
それから、「ごんぞう虫」ってずっと「コクゾウムシ」のことかと思っていたのですが、違うんでしょうかね?
投票数:5 平均点:10.00
返信する

投稿者:taneugene934 投稿日時 2021/9/21 19:37
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
サンダルを叩いて金を求めるのは、貧しい人には効果があるのだろう。しかし欲望のためではない欲のために働けば、彼または彼女は縮まる。
投票数:5 平均点:10.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)