茂吉の猫 についてのコメント&レビュー投稿
昔、秋田の安仁町(あにまち)に茂吉というぐうたらな男が、年老いたトラ猫と住んでいた。 ある日、茂吉の所に覚えのない酒の請求がきて、「歳をとったトラが化け猫になって、酒を...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:モトワ 投稿日時 2014/1/15 11:38
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 |
この話も怖かったです

「ばけものづくしの原」(でしたっけ?)の大きな椿の樹の下で奇妙な歌を歌って踊っていた化け猫たちが、茂吉のせいで今夜は酒もないと判った時の「殺すべし!」というシュプレヒコールの怖いこと!

通常はどんなキャラも市原さんと常田さんが声色を変えて担当するのに
この回の化け猫たちの声は音声が加工されているようで、それが更に恐怖感をアップさせてました!

私の記憶にある限り「まんが日本昔ばなし」で音声が加工されていたのはこの回のこの部分だけのような気がします…
投票数:15 平均点:10.00

投稿者:micco 投稿日時 2014/4/12 15:21
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
怖い話でありますが、茂吉の猫への最後の台詞がなんとも切ないです
投票数:18 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/10/26 22:01
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
これ昔絵本で同じような話読みました。
その絵本では、猫が他の化け物に殺せと言われたとき、それを拒否して、
「茂吉がすきだ」と断言し、他の化け物に襲われて、茂吉に助けられるという
ハッピーエンドでした。
しかし、ばけものずくしの原のシーンと、
ラストの「原っぱにはただたくさんの古道具が転がっているだけだった」
にはかなり恐怖を覚える仕様でした。
投票数:14 平均点:10.00

投稿者:真美 投稿日時 2015/11/20 12:54
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この後トラはどうなったんでしょう?昔は今よりも強い霊力をもった霊能者とか
旅の坊さんがいたから悪さをしたら、即刻退治されるのでそうならないように
おとなしくしてほしいんですが…。トラの消息が気になるのは私だけでしょうか。
投票数:15 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/11/11 14:27
「茂吉の猫」は未来社版『秋田の民話』では、茂吉の住まいは阿仁鉱山の小沢村となっているので、現在の北秋田市阿仁小沢鉱山地区に伝わった話と考えられます。
光村図書の小学校四年の国語の教科書に取り入れられていた松谷みよ子著「茂吉のねこ」は、この伝説を元にして再編されたもので、茂吉の職業も金掘りから猟師に、飼い猫も虎猫から三毛猫、化け物も化け猫から付喪神へと変わっていますね。
投票数:14 平均点:10.00

投稿者:yassan 投稿日時 2016/11/13 19:37
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
ありがとうございました。地図を北秋田市阿仁小沢鉱山に訂正しました。
投票数:14 平均点:10.00

投稿者:アナベル・加トー少佐 投稿日時 2017/2/12 5:36
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
酷い話だ。10年世話になって挙句の果てに。化け物共も「酒盛って来ないから飼い主を殺せ」とはなんとも非道だ化け物だから仕方ないといえばそれまでだが。でもうちのティーガーも化け猫でもいいから生きてて欲しかったなあ。
投票数:14 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2017/2/24 3:43
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
化け猫がブラックすぎる
子供が見ればトラウマになるレベル
投票数:17 平均点:10.00

投稿者:くろ 投稿日時 2017/9/30 4:18
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
茂吉の猫は人間社会ではよくあることだと思います。
仕事をあげた人に裏切られる。
あとから入ってきた人を助けてあげたのに、その人が上の立場になると
そうぜつに、私をいじめてきた。
飼い猫に命を救われたことはあったかも知れません。
いつもは、外ではあまりよってこなかったオス飼い猫が、その日に限って
バイクで外出しようとした私に擦り寄ってきました。
数秒後に出かけた私は、国道で前を走る自転車が右折してきた車にはねられました。もし、あの時、猫が来なければ私がなっていたように思います。
投票数:18 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2019/3/2 19:24
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
猫ダンス怖い…
投票数:17 平均点:10.00

投稿者:カ ラ ス 投稿日時 2019/11/21 20:10
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
老いた孤独な男と年を経て魔性と化した猫との、深閑とした物寂しい物語。
どこからかブルースが聞こえてきそうだ・・・
投票数:17 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2019/11/22 12:11
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
くろ 投稿日時 2017/9/30 4:18 さんのコメントに思わず頷いてしまいました。
どこにでもいるんですね。「えっ?」と思う行動をとる人が。
私自身かなり世話焼きなところがあるようで、子どもの頃から困っているお友だちなどを見ると
つい体が動いてしまいます。
お陰で長くいいお付き合いをしている方々もいますが、反対に競争心むき出しで、
陰になり日向になり悪意を向けられることもありました。
自分が何か知らず知らずのうちに相手に悪いことをしていたのかと悩みました。
決して、わたしが助けてやった。などと主張したりしませんし、
そのことを自分自身も忘れてしまっているのですが。
子ども時代はともかく、勤めだしてから、そういう人が多かったと思います。

「人間無常」のお話同様、動物の方が恩を弁えていると思うことが多いです。
それもあって、人と付き合うよりも動物と心を通わせる方が心が安らぎ、いつも内気なひきこもり人生でした。
投票数:17 平均点:10.00

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)