戸倉山の大鷲 についてのコメント&レビュー投稿
昔、信州は戸倉山のふもとに長谷(はせ)の村があった。この村には清兵衛(せいべえ)という百姓がおり、この春には女房のお袖との間に子供も生まれ、幸せに過ごしていた。 とこ...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:たまきち 投稿日時 2013/4/1 7:24
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 |
なんかめっちゃコワイ話だね…( ;´Д`)もうちょっといいラストにしてほしかった。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ももたろう 投稿日時 2016/8/17 3:06
この話はいったい何を言わんとしているのでしょう?
教訓だとしたら、一体なにが過ちだというのでしょうか。
「やりきれない話」の代表です。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2017/7/10 1:31
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
でも あんた言いたいわ~
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:化け猫 投稿日時 2017/11/7 13:49
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
精神を患った母ちゃん残して一家全滅!!?
何が言いたいのか判りません!
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2017/11/21 2:33
昔話の中には「こういう事があった」というだけの話も多いですね。教訓のためでもなく、笑わせるためでもなく、この話のような淡々と伝えるタイプの話の持つ余韻もまた良いものです。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2017/12/6 8:32
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
復讐は何も生み出さないとかかな…でもモヤモヤするっ…
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/2/11 23:42
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
自然の猛威、野生動物により、人が命を落とすことは現代でも起こりえます。
また人の命自体、自然の一部だとするなら、思い通りになるものではありません。
あるとき突然、失われるかもしれないのです。鷲に攫われるように。


投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:歳の順 投稿日時 2018/4/15 10:29
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
狂人となったお袖が怖い。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)