広島市中区の江波にもおさん狐。

おさん狐とめで鯛 についてのコメント&レビュー投稿
むかし、瀬戸内の能美島(のみじま)の大柿(おおがき)という所に、利平爺さんという船頭が住んでおった。利平爺さんは、毎月一回、船に荷物を積んで大阪に運ぶのが仕事じゃった。...…全文を見る

広島市中区の江波にもおさん狐。

投稿者:マルコ 投稿日時 2013/7/6 16:42
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 |
広島市中区の江波にもおさん狐という狐がいたようです。
広島電鉄江波駅前には二本足で立つおさん狐のブロンズ像があり人々から親しまれているそうです。
江波駅の裏に皿山という山があって、そこに住んでいたそうです。
江波東二丁目にある,丸子山不動院の高寅稲荷はおさん狐orおさん狐の子孫を祀ったものだといわれているそうです。

こっちのおさん狐はその後、どうなったのか知りたいと思いませんか・・・?
チョット説明しましょう!!
得意の変化の術で人間をだましていたおさん狐でしたが、最後には逆に、人間に騙されて命を落としてしまったそうです・・・
投票数:11 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)