白べん黒べんの後日談

白べん黒べん についてのコメント&レビュー投稿
昔、高知県宿毛(すくも)の山奥に、一人暮らしの猟師が住んでいました。猟師は、白べんと黒べんという優秀な猟犬を飼っていました。 いつものように2匹の犬を連れて、山へ出かけま...…全文を見る

白べん黒べんの後日談

投稿者:beniko 投稿日時 2012/5/11 17:46
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
このお話に関する後日談の情報を見つけたので、書いておきます。(全国昔話資料集成の土佐昔話集から)

やがて春から夏にかけて、珍しい鳥の鳴き声が聞こえてくるようになった。その鳴き声は「シロペン・クロペン」とか「ピイフィー・ピイフィー」とか「ホーヘン・ホーヘン」と聞こえる。
まれに見かけるこの鳥は大変美しく、行方不明になった二匹の犬が死んでこの鳥になったのだろうと言われた。
この鳥は、和名「八色鳥やいろちょう」、学名ピッタニンフハ、高知県の鳥に指定されているそうです。

http://www.asahi-net.or.jp/~ga6k-izw/yairocho/pitta-nympha.htm
追記 http://www.youtube.com/watch?v=164QOIdejAM
投票数:40 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)