青花の紙(草津の産物、青花紙)

青花の紙 についてのコメント&レビュー投稿
むかし、琵琶湖の南に木ノ川という小さな村があった。その村にはキヨという娘が病気の母と二人で暮らしていた。キヨは病気で働けない母親の代わりに、百姓の手伝いや子守などをして...…全文を見る

青花の紙(草津の産物、青花紙)

投稿者:beniko 投稿日時 2012/2/15 20:00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
青花紙は、細かく切って水につけ、溶けてきた青い汁で友禅染の下絵を描くのに使われています。これは、近江の草津市だけが作っている珍しい産物です。草津市の木川(きのかわ)あたりでは、江戸時代からさかんに青花が栽培され、青花紙がつくられてきましたが、青花紙を作る仕事は真夏の暑い時期の手間のかかる作業ですから、いまでは2.3軒の家が、ほんの少しだけしか作っていません。この話は、この青花紙の由来を伝える話です。(滋賀県の民話、偕成社)より
投票数:1 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

67 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)