Re: ケラ売りじっちゃ

ケラ売りじっちゃ についてのコメント&レビュー投稿
ケラ売りじっちゃと呼ばれるおじいさんが、深い深い山奥の谷間で、ばあ様に先立たれてひとり暮しておりました。働き者のじっちゃはいつももっと奥深いマンダの森へ分け入っては、苦...…全文を見る

Re: ケラ売りじっちゃ

投稿者:Perenna 投稿日時 2022/2/5 22:26
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話は、「ふるさとの民話26・岩手県の民話」(偕成社)にも収録されています。
「けら売りじっちゃ」〈むかし話・浄法寺町〉という題名です。
再話したのは高橋昭氏ですので、鎌倉書房のものと同じ話ではないかと思われます。
解説には、次のように書かれています。
「この昔話のある浄法寺地方には、餅をごちそうになったお礼に、一晩のうちにひろい田をうってくれる大天狗の話がのこっています。あるいはじいさんにいろいろなおくりものをした巨人も、この大天狗ではなかったのでしょうか。関東、中部地方に多い、〈だいだらぼっち伝説〉もそうですが、このような巨人ばなしがのこっているのは、自分たちではもてない超能力の持ち主に、むかしの人々が夢を託していたためと考えられます。」
いちおう、ご参考までにお知らせいたします。
投票数:30 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)