Re: 消えたかぶら矢

消えたかぶら矢 についてのコメント&レビュー投稿
昔、広島の三段峡(さんだんきょう)のある戸河内(とごうち)の遊谷(あぞうだに)にまだ村も無かった頃のことでした。 この遊谷の上(かみ)の方に「同助(どうすけ)」という男...…全文を見る

Re: 消えたかぶら矢

投稿者:日清皿太夫 投稿日時 2021/10/16 20:22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
 "キャッツ&カンパニー"みたいなキャラクターを全編で動かし、シリアスな効果音も笑いを取るために使う。近年深刻化している熊の急ターンもつい気持ち良く観てしまいます。
 にらめっこだけに台詞と効果音を排し一分半も費やしているけれど、キャラクターはちゃんと演技していて画面が「もつ」のが凄かった。アップでなおかつ絶妙な割合でたんこぶが映り込んでいるせいで、視聴者が先に負けちゃう(笑)声をアテたお二人も笑いを堪えるのに苦労したのではないでしょうか。

 「消えたかぶら矢」は技を極めた二人がより高次の存在を意識して争いを辞める映画『ウォッチメン(2009年)』箱庭版的なお話。昭和天皇が崩御したこの年、ソ連崩壊・冷戦終結の準備が着々と進む中でこの話が放送されたとは、まことに感慨深い。
 『昔ばなし』では仲直りを爽快に描いたものもあれば、No.0499「大懸山のうわばみ」のように憎悪だけでなく尊敬の念まで抱かせる敵を登場させるお話もありますね。杉井Dが『ガラスの仮面』をやっているから言うのではないけれど、好敵手は得難い。
投票数:9 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)