Re: 猫塚

猫塚 についてのコメント&レビュー投稿
長年可愛がられたお寺の猫が、旅人に扮して寺に泊まりに来たデカいネズミの化け物を退治して討ち死にするというお話。 その猫を和尚さんが埋めた塚が猫塚ということですが、結構全...…全文を見る

Re: 猫塚

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/8/20 23:14
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
御前崎の猫塚については、「日本の伝説30・静岡の伝説」(角川書店)にも紹介されています。
「昔、このあたりに遍照院という寺があった。そこの住職が浜辺で子猫を拾ってきて育てた。
その数年後、ひとりの旅僧が遍照院を訪れた。色あくまでも黒く異相をした僧だったが、住職は心よく挂錫(かしゃく)をゆるした。その夜ふけに本堂のあたりではげしい物音が起こった。その騒ぎは暁方までつづいて納まった。明るくなってから本堂をうかがうと、寺の猫と、犬ほどもある大鼠が血まみれになって死んでいた。
姿を消した旅僧は、住職に危害を加えようとした大鼠の化身で、猫が身を挺して主(あるじ)の危難を救ったのであろうといわれた。忠義な猫の供養のためにつくったのが猫塚である。大鼠のほうも、劫(ごう)を経ている妖怪でその祟りも恐ろしいので、猫塚の近くに鼠塚をつくって葬ったという。」

以上、ご参考までにお知らせいたします。
投票数:15 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)