Re: 千亀女

千亀女 についてのコメント&レビュー投稿
昔、鹿児島県は志布志に、たいそう美人と評判の、千亀女という娘とその母親がいました。その美しさを一目見ようと、千亀女が通るたびに、多くの人々が集まるのでした。そんなわけで...…全文を見る

Re: 千亀女

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/5/4 0:59
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話は角川書店の「日本の伝説11・鹿児島の伝説」にも収録されています。
文を書いたのは「大造じいさんとがん」で有名な、椋鳩十先生です。
千亀女とその母親が、深夜の宝満寺に忍び込み、観音像の顔を松葉でいぶした光景は、次のような文章で言い表せますね。
「それは、人間とはいえ、いかにもうぬぼれの強い女性らしい、神仏をもおそれえぬ、堂々たる態度のようであった。」

欲にまみれた、あさましい人間であることをかえりみず、清らかで高貴で美しい観音様と張り合おうとするなんて・・・
仏罰がくだるのも当然といったところなんでしょうか?
投票数:14 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

12 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)