Re: 青と赤の天狗さん

青と赤の天狗さん についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかしあるところにまるで嘘のように高い高い山があった。その高い山のてっぺんにとても仲の良い青い天狗さんと赤い天狗さんが住んでいた。 あるとき赤い天狗さんが、喧嘩ば...…全文を見る

Re: 青と赤の天狗さん

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/2/3 0:11
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と似たような話が、角川書店の「民衆の笑い話・日本の民話11」にも載っています。
「ペナンペとパナンペ」というアイヌの昔話です。
「むかし、アイヌの国にペナンペとパナンペがおった。あるとき、貧しいパナンペが富豪になろうと思って、自分の巨根をどこまでも細く長く伸ばして、長い長い竿にして、なんと海の向こうの松前の城下町へ差し掛けた。」という書き出しで始まっています。
松前の殿さまがこの巨根を竿と勘違いして、家来に命じて美しい衣装やら、お宝のつづら袋などを吊るして虫干しさせました。
すると、パナンペは自分の巨根をしずしずと引っ込めたので、松前の殿さまのお宝を残らず手に入れて、たちまちのうちに大長者になったそうです。
これを聞いたペナンペは真似をして、松前城に向けて巨根を伸ばしました。
すると、殿さまの家来にハッシ、ハッシと刀で斬りつけられ、とうとう自分の大事なものを失ってしまったというオチです(笑)
山形県に伝わる天狗の鼻の昔話とは、なんらかの関係や共通性があるのでしょうか?
投票数:27 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)