Re: 見かえりの松

見かえりの松 についてのコメント&レビュー投稿
昔、筑前の海辺の村々を行商して歩く、赤ん坊連れの女がいました。十年後、その赤ん坊はみなしごの娘となり、若松で子守奉公をしていました。 春になり、娘は春の陽気に誘われるよ...…全文を見る

Re: 見かえりの松

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/6/21 23:58
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と似たような話が、昭和12年に出版された「若松市史」にも掲載されています。(コマ番号807/1559)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1256079/794?tocOpened=1

「大鳥居の東、皇后ヶ淵の西、即ち江川筋の遠賀川より来る水勢と、洞海湾よりくる潮と行き逢ふ所を庄の江と言ふ。対岸即ち大字小敷の田圃中に低き丘ありて之に一本の老松あり。往時はここに橋架れりと言ひ伝ふれども今は其の痕跡だもなし。昔、一婦人此の丘より田圃を隔つる南方の山に咲き誇る此の地域特産と言ひ伝ふるヤラヲ躑躅(つつじ)を見、餘りの美しさに一枝手折りて家苞にせんとて大切に持ち帰りしが、ふと此の松の許に子を忘れたることを思ひ出し、探しに戻りたりと謂へり。仍つて松を子忘れの松、橋を子忘れの橋と謂へりと、母性愛を忘れしむる花の魔力を戒めたるものか。」

未来社の「福岡の民話」では、若松の梶島山に咲いているヤオラノ・ツツジに見とれた子守娘が、ツツジの花びらを摘みながら脇田の浜へ出てきたと書かれています。
脇田の浜の見かえりの松と小敷の子忘れの松とのあいだには、どのような関係があるのでしょうか?
投票数:16 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)