Re: 霊妙乳鉱泉

霊妙乳鉱泉 についてのコメント&レビュー投稿
昔、会津盆地のふもとの村に、貧しいながらも仲の良い若夫婦とその父親が住んでいた。女房の名前はおさよといい、美しく気立てのよい嫁で毎日まめまめしく働いた。 そのうち、おさ...…全文を見る

Re: 霊妙乳鉱泉

投稿者:ゴンザ 投稿日時 2020/5/7 23:26
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
Perennaさん
出典についてですけど、自分はあくまで福島の民話第二集は原案となっただけで、この話のクレジットは福島県だと思います。
理由というほどではないですが、この話が収録されている講談社の300の話はとろかし草など4話を覗いてすべてクレジットなしか○○県もしくは○○市表記のある話。そして出典が未来社の○○の民話シリーズのお話は一つも書籍化されておりません(KADOKAWAや講談社などが元ネタの話はサラ文庫とかに入ってることもあるけど)。
必ずしも僕の予想が正しいわけではありませんが、自分はこの話についてこう考えています。
投票数:29 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)