Re: 雷と月と日

雷と月と日 についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、ある夏のことじゃった。いつもは顔を合わせることもない『お日さん』と『お月さん』と『雷さん』が、お伊勢参りの旅をすることになったそうな。 道中の雷さんは鬼...…全文を見る

Re: 雷と月と日

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/2/24 22:22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と同じ内容のものが「越中の民話・第一集」(未来社)にもありますね。
「お日さまとお月さまと雷の京参り」(氷見・射水郡)という題です。
伊勢参りではなくて京参りの話ですが、雷があまりにもやかましいので、お日さまとお月さまは困ってしまい、あくる朝の暗いうちに起きて、さっさと宿屋から出ていってしまいます。
寝坊した雷さまは「月日のたつちゃあ何ちゅう早いのぉ。わしもひとつ、夕立にしようか」と言って出発すると、たちまちざあっとひどい夕立になった、というオチです。
こういう話って、なんとなく落語か笑い話みたいな印象を受けますね。
徳島県で伝承されている昔話とは、いったいどのような関係なのでしょうか?
投票数:21 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)