ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の民話(未来社) >  福島の民話 第二集(日本の民話42)
福島の民話 第二集(日本の民話42)
この書籍の中のお話から 鹿の恩返し(0218)、行徳じいさんと鶴(0246)、お釜の歌(0354)、かじやと大工(0959)原題:かじやと大地主、ひょう徳さま(1080)、がアニメ化されました。
書籍名福島の民話 第二集(日本の民話42)
編著名片平幸三
出版社未来社(ほるぷ版だと第03巻)
発刊日1966年09月30日
管理番号mrnm42
※掲載情報は 2015/5/4 21:49 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数68話
収録数68話

目次(仮掲載)

とうすけどん,子育て地蔵,天狗のいけにえ,稲場のはだし,白猿と怠けもの,狼と子供,仁王と薬師さま,福の神の話,木こり善四郎,かっぱの知恵,つつこ引きと弁天さま,あやめ姫としょうぶ湯,長岡の天王桶,鹿の恩返し,万蔵さま物語,総兵衛どんの赤猫,飴を買うゆうれい,阿武隈川の千人斬り,片目のどじょう,地蔵さまと正直じいさん,おしどりの話,雷神と桑の木,鶏と白蛇の話,ゆうれい石,三春駒の話,鶴の羽衣,ほととぎす,お釜の歌,ばば皮,ひょう徳さま,ゴマまんじゅう,菅波丹後,行徳じいさんと鶴,大悲山の大蛇,水もぐりの名人,蛇が渕,父と三人の息子,六十二歳の木のまた,風と小僧,火事とじょうこ,ざとうころばし,かじやと大地主,蛇の婿,塩屋崎灯台の由来,弁天さまと飯盛山,鰹彦四郎,怠けものが親孝行に,新屋敷長者,魚とりの名人,大盗ねずみ小僧,うそつきまんざ太,コイのぼり,怪盗、塔寺八反,おぼだき,朱の盤,鳥を鈞った喜八,ばか息子の心をいれかえる,おしろい地蔵,乳のでる泉,芋の葉先生,残夢和尚の話,地蔵さまのお使い,以仁王の話,大蛇と魔のふち,弓の名人,紫のひも,さると末娘,赤いそばの茎

カテゴリ内ページ移動 ( 79  件):     1 ..  39  40  41  42  43  44  45  .. 79    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

32 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)