ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の民話(未来社) >  種子島の民話 第二集(日本の民話34鹿児島)
種子島の民話 第二集(日本の民話34鹿児島)
この書籍の中のお話から 武士になった魚売り(0175)、スズメどんの鬼征伐(0408)、ケシこい、クロクチこい(0669)、クジラとイノシシ(1322)、ほていさん(1399)、がアニメ化されました。
書籍名種子島の民話 第二集(日本の民話34鹿児島)
編著名下野敏見
出版社未来社(ほるぷ版だと第24巻)
発刊日1962年11月25日
管理番号mrnm34
※掲載情報は 2015/5/4 21:36 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数53話
収録数53話

目次(仮掲載)

身の片ひら,竜宮神の使い,お蝶々、め蝶々.,ケシこい、クロクチこい,こうざあの強力物語,くらげの骨,血の雨 血の風,かんごの国のかん五郎,娘の年八十八歳まで,命長い名,孫と武士,童子丸のきき耳,鳩ケ瀬,クジラとイノシシ,天狗さまの小便,鬼が島の目一,スズメどんの鬼征伐,新太のカモとり,夕方は悪魔が来る,犬ちょしこし,地獄の三人,手のりわら長者,血洗いの石,吉次郎のねずみ,猿の三文銭,あまがくになった息子,ひじりでんの三兄弟,灰かぶり灰太郎,げんえき主の魚買い,虫けらの恩返し,甲女川と黒川,田みなと打ち出の小槌,うまか汁,太郎の花嫁,川の神とひょうたん,矢止めの石,山神どん,骨つぎの妙薬,猿になった紺屋どん,河太郎の日魚,ねずみ御殿,武士になった魚売り,へひり嫁,和尚と新発意,やまんしゃんご,蛇の性,恐ろしい雨もり,一平と貧乏神,なえの始まり,山の神のきき耳,椎とり山の妻恋し,ほていさん,九面じいさん

カテゴリ内ページ移動 ( 79  件):     1 ..  31  32  33  34  35  36  37  .. 79    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)