ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の民話(未来社) >  福岡の民話 第一集(日本の民話30)
福岡の民話 第一集(日本の民話30)
この書籍の中のお話から ささぎつね(0274)、一夜で咲いたナタネの花(0368)、阿弥陀が峯の怪(0386)、若いのが好きな婆さま(0883)、はらつづみの怪(1430)、がアニメ化されました。
書籍名福岡の民話 第一集(日本の民話30)
編著名加来宣幸
出版社未来社(ほるぷ版だと第20巻)
発刊日1960年11月30日
管理番号mrnm30
※掲載情報は 2015/5/4 21:29 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数64話
収録数64話

目次(仮掲載)

ものをいうごおず,有明海の不知火,石が塔,竹の笛,雀とひさご,くれんばなし,鬼松の話,大根川,阿弥陀が峯の大だぬき,勝山の長者,はなたれ小僧さま,若いのが好きな婆さま,ツガニの恩がえし,坊さんのお礼,ドッコイショドッコイショ,ふのよいりょうし,三つの難題,福間の又兵衛どん,お夏の勇気,三人小僧,ぬれぎぬ塚,雁斎と古狐,ススキと人魚,たぬきのはらづつみ,海をとぶ白兎,百合若,西行もどし,いでゆと虎丸親子,伯賢さま,なわをなったが,春日村から博多まで,雷さまと石の櫃,一くわみぞ,皿屋敷,ものをいう地蔵さま,菅生の滝,ヒコサンのキネリボウ,庄の河童,英彦山の鬼杉,権三虫,雨ごいと山の火,庄助ばなし,一夜で咲いたナタネの花,黒いお日さま,ささぎつね,カッパの約束状,むらさき川,りょうしのタメさん,みる鼻きく鼻,河童地蔵,ながいきほらがい,歌うシャレコウベ,延永長者と胸の観音,福焼き,小ガニと百四十六段のがんぎ,神の島の白蛇道,吉五のせっちんなべ,吉五の杉丸太,天にのぼる吉五,寒田のもんがかやをつる,寒田のもんのヘコちがい,寒田のチョウズ,文吾郎のみやげもん,文吾郎のけち話

カテゴリ内ページ移動 ( 79  件):     1 ..  27  28  29  30  31  32  33  .. 79    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)