ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の民話(未来社) >  周防・長門の民話 第一集(日本の民話29山口)
周防・長門の民話 第一集(日本の民話29山口)
この書籍の中のお話から なんにもせん人の話(127)、落ちた雷(128)、分銅狐(129)、鶴柿(132)、まあだまだわからん(141)、大蛇の塔(190)、泉長者(378)、厚狭の寝太郎(381)、かっぱとひょうたん(390)、猿亀合戦(860)、猫山の話(867)、烏とたにし(897)、としくらべ(925)、禅師河童(1123)、サルの生き肝(1259)原題:蛸にはなぜに骨がない、とけてしもうて蕎麦団子(1261)、仲よしの妙薬(1301)原題:葛粉薬、がアニメ化されました。
書籍名周防・長門の民話 第一集(日本の民話29山口)
編著名松岡利夫
出版社未来社(ほるぷ版だと第17巻)
発刊日1960年09月14日
管理番号mrnm29
※掲載情報は 2015/5/4 0:59 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数70話
収録数70話

目次(仮掲載)

般若姫物語,とけてしもうて蕎麦団子,猫山の話,こごとみそさざい,何にもせん人の話,おさん狐と与三郎狸,虎と蝸虫との話,婿さがし,たたかん太鼓の鳴る太鼓,山代馬鹿,厚狭の寝太郎,耳なし芳一,米倉,猿亀合戦,牛の糞,蛸にはなぜに骨がない,千に一つも,猿婿ばなし,紙すき毛すき,鍬鍬とってこおかあ,月が三十文なら日は一文,鳳凰五斗もってこい,犬と猫との話,ひっつこうもっつこう,とんち姑,烏と田にし,えんこの贈り物,おおたにがやける,竜王からおしえられた踊り,年越しの豆,狐の仇討ち,因果はめぐる,化かされた狸,人参とごぼうと大根,飴女房,なまこにまけた鯨,もぐら退治,葛粉薬,腰のまがった観音さま,禅師河童,千珠満珠物語,うごく城,なぁがいながい話,彦八ばなし,しの字ぎらい,姥捨山,泉長者,鬼彦兵衛,まぁだまだわからん,正直ひょうたん,落ちた雷,ものまね猿,兎と猿とひき蛙,孫が栗,弟きたか芋首くうたか,鶴柿,たわけものと藪医者,親がよろこぶ親孝行,蕎麦の茎はなぜ赤い,瓜姫とあまのじゃく,力持ち十左,分銅狐,大蛇の塔,地蔵さまと団子,婿えらび,としくらべ,千両箱こわいや,かっぱとひょうたん,ひょんな鉄砲うち,もずくうり

カテゴリ内ページ移動 ( 79  件):     1 ..  26  27  28  29  30  31  32  .. 79    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)