日本昔話百選
この書籍の中のお話から 芸の助け(0874)原題:えび・たこ・ふぐとからす、がアニメ化されました。
書籍名日本昔話百選
編著名稲田浩二・稲田和子
出版社三省堂
発刊日1971年04月15日
アニメ化芸の助け(0874)
管理番号etc16
※掲載情報は 2015/5/6 18:10 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数100話
収録数100話

日本昔話百選「目次」

(北国の昔コ)
尻尾ぽの釣,うぐいすの里,犬ッコと猫とうろこ玉,うば百合のたたり,猿神退治,尻鳴りべら,三人兄弟,さとりの化け物,猿地蔵,瓜姫コ,なら梨とり,鶴女房,かちかち山,たにし長者,猿聟入り,地蔵浄土,力太郎,魚女房,てんぽ競くらべ,塩吹き臼,三枚の札コ,ねずみ浄土,狐と狼,江戸の蛙と京の蛙,大工と鬼六,こぶとり爺じい,おどる骸骨

(中の国のむかし)
鳥呑爺,天狗と隠れみの,あぶの夢,手なし娘,天福地福,聴耳頭巾,黄金の瓜,猿の生き肝,はなたれ小僧さま,親捨山,糠福と米福,花咲爺,とび不孝,風の神と子ども,ぼたもち蛙,猫と狩人,味買かい橋,鶴と亀の旅,蟹の仇討,水乞鳥,粗忽惣兵衛,豆と炭とわら,蟹問答,おりゅう柳,大歳の火,団子聟,からすの鍬,蛇へび聟入り,へやの起こり,ほととぎすと兄弟,おいとけ堀,子育て幽霊,舌切雀

(西国の昔話)
古屋のむる,猫と南瓜,竹伐爺,桃太郎,えび・たこ・ふぐとからす,馬子どんと山んばばあ,狼女房,猿とひき蛙の争い,あとかくしの雪,分別才兵衛,似せ本尊,食わず女房,ねずみ経きょう,取り付こうか、引っ付こうか,絵姿女房,猫檀家,朝日長者と夕日長者,狼の眉毛,五分次郎,文福茶釜,つきこん平ぺい,隣の寝太郎,鴨とりごんべえ,ぐずの使い,炭焼長者,鼻きき五左衛門,天人女房,貧乏神,吉吾どんの天昇,天とうさん金の鎖くさり,和尚と小僧さん,笠地蔵,源五郎の天昇り,宝化け物,腰折れ雀,運定めの話,隠れ里,旅人馬,龍宮女房,きりなし話

アニメタイトルにある「稲田稿」を探せ!

芸の助け(0874)の出典元として「稲田稿」という表記を注視するなら、日本昔話通観シリーズ(同朋舎出版)が該当します。しかし、このシリーズは民話の本というより辞書のような民話の資料です。

図書館の方に調べてもらったら「稲田稿と明記がある話は、この日本昔話通観に掲載があり、他の書籍には見当たらない」という事でした。※ちなみに、稿とはレポートや手記といった感じのものでしょう。(2012年8月)

出典元「えび・たこ・ふぐとからす」読んでの感想メモ

話者:山下寿子
採録地:鳥取県東伯郡
芸の助け(0874)の原作。大筋はアニメと同じストーリー。そもそもエビタコフグたちは子供という事でもない、よってアニメ冒頭部分の駄々をこねるような描写もない。

※この書籍情報は、紅子が実際に書籍を手にして内容をざっと確認したものです。(2012年11月現在)

カテゴリ内ページ移動 ( 18  件):     1 ..  12  13  14  15  16  17  18    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

158 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)