むかしがたり
この書籍の中のお話から 戸板かつぎ(1370)原題:つんぼの得、がアニメ化されました。
書籍名むかしがたり
編著名山田てる子
出版社日本写真出版
発刊日1975年04月01日
管理番号etc09
※掲載情報は 2015/5/6 17:49 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数106話
収録数106話

目次

(第一部 いろいろのはなし)
びしゃもんさんのご利やく,カエルとタヌキのモチつき,トウビの子,あわて者の大山参り,水になった男,おしゃれキツツキ,鼻たれ長者,言い出し屁,となりのもち,針のみち,つんぼの得,盗賊,びしゃもんさんの福分け,チョメがおとと,国分寺の犬,ウサギの魚釣り,きつねの恩返し,真似正月,九荷持ちゃ十荷,えとのねずみ,さる年がしん,一筆啓蒙上,殿様のお布令,長持ちの中,猿の魚釣り,長持ちの中2,指次郎,くまの人助け,てるて姫,犬とさむらい,庄屋のふんどし,お地蔵さんと笠,ままっ子いじめ,大ぐちなわ退治,オットト見たか,舌切りスズメ

(第二部 キツネとタヌキの化けばなし)
七ツだど八ツだど,キツネのかんざし,タヌキのトンチロリン,おとん女郎,続おとん女郎,キツネの化け宝,キツネと油売り,キツネのあだ討ち,七ツ地蔵,キツネに化かされた法印さん,タヌキの酒買い,キツネの里帰り,タヌキの大入道,小坊さんと古ギツネ

(第二部 化けもののはなし)
徳尾の大坊主,東方の馬頭,化けネコの話,森の一ツ目小僧,送り狼,ノミのお化け,クモの嫁さん,カエルの婿

(第二部 恐ろしいはなし)
キモだめし,赤子の首,丑の刻まいり,がいだが婆,ゆうれい話,ゆうれいのアメ買い,山の一軒家,峠の鬼婆

(第三部 とんちばなし)
カラス売り,縁がない,椎の木の柱,馬鉢引き,片目牛,木こりと鳥の巣,ホラくらべ,五里大根,年寄りのちえ,太閣のホラ歌くらべ,すし食い小坊主,かみかつぎ,割木売りの話,もるの話,六サラ九サラ,屋根の大穴,さざえの殻

(第三部 欲ばりのはなし)
屁ッコキ,ぼたもち蛙,井戸に落ちた話,たんこぶじいさん,ミョウガの宿,地蔵さんの鼻の穴,ネコ真似じいさん,バタバタ鳥

(第三部 佐治谷ばなし)
かにのふんどし,おびやかし水,尻を持つ,だんごこぶ,婿どのの謡,阿呆のちえ,阿呆嫁の牛売り,くじら汁,朱椀朱膳

(第三部 伝説)
河合谷長者,湖山長者,おたね柿,経蔵坊,人形峠,弘法谷の抜け水

出典元「つんぼの得」読んでの感想メモ

話者:平尾関次郎
採録地:鳥取県智頭町
戸板かつぎ(1370)の原作。アニメと同じストーリー。小さな差異は、季節は年の瀬である事、お爺さんとお婆さんは他人の借金を肩代わりしていたわけではなく、単なる貧乏からの借金だった事、盗賊のお金は特に役所に届け出たりはしなかった事。

※この書籍情報は、紅子が実際に書籍を手にして内容をざっと確認したものです。(2012年7月現在)

カテゴリ内ページ移動 ( 18  件):     1 ..  6  7  8  9  10  11  12  .. 18    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)