父・母が語る日本の民話 上巻
この書籍の中のお話から ささやき橋(0767)原題:王老杉物語、寝てて食われる話(0712)、南風と北風(1306)、おいだせ貧乏神(1310)原題:貧乏神なんかこわくない、旧正月の大福もち(0358)※冒頭切れにつき未確認、トーロコのペカンペ(0291)※予測、ぶんぶん酌にさせ(0235)※予測、がアニメ化されました。
書籍名父・母が語る日本の民話 上巻
編著名大川悦生
出版社鎌倉書房
発刊日1978年04月20日
管理番号kama01
※掲載情報は 2015/5/5 10:58 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数47話
収録数47話

目次

火男の話(再話:大石真),ものいう亀(再話:岩崎京子),旧正月の大福もち(再話:早船ちよ),秋田の昔コつぶ姫さん(再話:渡辺喜恵子),三途の川のばばさ後家入り(再話:松谷みよ子),イヌとネコと宝の小袋(再話:水沢謙一),チャランケの話(再話:和田義雄),三人兄弟(再話:森いたる),三郎の夢(再話:稲田和子),人間が竜になった話(再話:薄井八代子),屁っこき姉ね(再話:来栖良夫),大里峠の大蛇,ちんまが池(再話:赤座憲久),嫁が淵(再話:赤座憲久),夕陽に消えた白馬(再話:那須田稔),絵姿嫁どん(再話:森いたる),五反田のおとめ地蔵(再話:萩坂昇),王老杉物語(再話:松田司郎),幽霊飴(再話:北村けんじ),蛇のかたみ(再話:森いたる),千亀女(再話:暉峻康民),きっちょむさん(再話:那須田稔),牛の不忠でもう一っぴょう(再話:大川悦生),和尚さんと小僧さん(再話:稲田和子),あやまった和尚さん(再話:生源寺美子),寝てて食われる話(再話:斎藤了一),ぶんぶん酌にさせ,ほうろく売りの出世(再話:森いたる),吉吾ばなし(再話:加来宜幸),尻やき藤内さん(再話:松谷みよ子),キツネのしかえし(再話:花岡大学),禿さん(再話:薄井八代子),山にばけたたぬき(再話:来栖良夫),長太とムジナ(再話:かつおきんや),天にどうどう地にがんがん(再話:松谷みよ子),今戸のかっぱ(再話:柴野民三),河童のおたから(再話:瀬川拓男),佃島のカワウソ(再話:大川悦生),ふくじゅそう(再話:岩崎京子),南風と北風(再話:早船ちよ),ピカタの魔女(再話:和田義雄),しばられた地蔵さま(再話:水谷章三),フクロウの神さま(再話:和田義雄),トーロコのペカンベ(再話:和田義雄),夢枕にたった木福さま(再話:清水基美),熊のおくりもの(再話:和田義雄),貧乏神なんかこわくない(再話:市川信夫)

カテゴリ内ページ移動 ( 2  件):   前  1  2    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)