ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の伝説(角川書店) >  宮城の伝説(日本の伝説40)
宮城の伝説(日本の伝説40)
書籍名宮城の伝説(日本の伝説40)
編著名佐々木徳夫、吉岡一男、武田八洲満(お話部分は武田八洲満)
出版社角川書店
発刊日1979年11年20日
管理番号kdnd40
※掲載情報は 2015/5/5 9:32 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数16話
収録数16話
外箱
外箱

目次(仮掲載)

炭焼き藤太夫婦の愉快な生活,小林修理、絶望に泣く,賤機物語,八幡太郎義家、登米郡にたたかう,キリスト者後藤寿庵の反骨,農民四郎次、よろこびのはりつけ,大石内蔵之助、仙台に塩を送る,都落ちの義経、玉造郡をとおる,坂上田村麻呂、涌谷にたたかう,紅蓮尼、松島に愛をつらぬく,酒は友情のなかだち,久米兄弟、四十年めの仇討ち,宮城野の僧にて御座候,平家落人伝説と西方寺,道ばたの地蔵、振袖を着る,伊達騒動、墓石ひとつを残す

宮城の伝説(日本の伝説40)読んだ感想というかメモ

炭焼き藤太夫婦の愉快な生活
文:武田八洲満
小林修理、絶望に泣く
文:武田八洲満
賤機物語
文:武田八洲満
八幡太郎義家、登米郡にたたかう
文:武田八洲満
キリスト者後藤寿庵の反骨
文:武田八洲満
農民四郎次、よろこびのはりつけ
文:武田八洲満
大石内蔵之助、仙台に塩を送る
文:武田八洲満
都落ちの義経、玉造郡をとおる
文:武田八洲満
坂上田村麻呂、涌谷にたたかう
文:武田八洲満
紅蓮尼、松島に愛をつらぬく
文:武田八洲満
酒は友情のなかだち
文:武田八洲満
久米兄弟、四十年めの仇討ち
文:武田八洲満
宮城野の僧にて御座候
文:武田八洲満
平家落人伝説と西方寺
文:武田八洲満
道ばたの地蔵、振袖を着る
文:武田八洲満
伊達騒動、墓石ひとつを残す
文:武田八洲満

※この書籍情報は、紅子が実際に書籍を手にし、目次をざっと目視で確認したものです。 お話タイトルにはヨミガナが無いため一部ヨミ方がわからないのもありました。内容は斜めにしか読んでません。(2012年7月28日現在)

カテゴリ内ページ移動 ( 50  件):     1 ..  37  38  39  40  41  42  43  .. 50    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)