ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の伝説(角川書店) >  広島の伝説(日本の伝説21)
広島の伝説(日本の伝説21)
この書籍の中のお話から 爺さん、おるかい(0679)、セミとカマキリの夫婦(0687)、がアニメ化されました。
書籍名広島の伝説(日本の伝説21)
編著名若杉慧、村岡浅夫(お話部分は若杉慧)
出版社角川書店
発刊日1977年08年10日
管理番号kdnd21
※掲載情報は 2015/5/5 9:12 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数10話
収録数10話
外箱
外箱

目次(仮掲載)

海は銀色─序にかえて,醜女の美しさ,五色の石,潮はめぐる(第一話 平清盛は悪人か),潮はめぐる(第二話 松虫 鈴虫),潮はめぐる(第三話 琴の松風),潮はめぐる(第四話 雉の声),潮はめぐる(第五話 お歯黒怨霊),お祖母ンの話(わくぐり岩),お祖母ンの話(たこの足八本め),お祖母ンの話(一万橋のホタル),お祖母ンの話(大飯まつり),お祖母ンの話(笠薬師),お祖母ンの話(ぬくもり地蔵),お祖母ンの話(馬よりも速い男),お祖母ンの話(お七),お祖母ンの話(弥山の神さま),お祖母ンの話(セミとカマキリの夫婦),お祖母ンの話(爺さん、おるかい),お祖母ンの話(はまぐり婿),お祖母ンの話(金のなるてん),お祖母ンの話(小僧の小便),お祖母ンの話(なつかしいわらべ唄),髑髏の目にも涙,白い雲 赤い雲,咽声忠左衛門,善六淵,新地蔵和讃

広島の伝説(日本の伝説21)読んだ感想というかメモ

海は銀色─序にかえて
文:若杉慧
醜女の美しさ
文:若杉慧
五色の石
文:若杉慧
潮はめぐる(第一話 平清盛は悪人か)
文:若杉慧
潮はめぐる(第二話 松虫 鈴虫)
文:若杉慧
潮はめぐる(第三話 琴の松風)
文:若杉慧
潮はめぐる(第四話 雉の声)
文:若杉慧
潮はめぐる(第五話 お歯黒怨霊)
文:若杉慧
お祖母ンの話(わくぐり岩)
文:若杉慧
お祖母ンの話(たこの足八本め)
文:若杉慧
お祖母ンの話(一万橋のホタル)
文:若杉慧
お祖母ンの話(大飯まつり)
文:若杉慧
お祖母ンの話(笠薬師)
文:若杉慧
お祖母ンの話(ぬくもり地蔵)
文:若杉慧
お祖母ンの話(馬よりも速い男)
文:若杉慧
お祖母ンの話(お七)
文:若杉慧
お祖母ンの話(弥山の神さま)
文:若杉慧
お祖母ンの話(セミとカマキリの夫婦)
文:若杉慧
お祖母ンの話(爺さん、おるかい)
文:若杉慧
お祖母ンの話(はまぐり婿)
文:若杉慧
お祖母ンの話(金のなるてん)
文:若杉慧
お祖母ンの話(小僧の小便)
文:若杉慧
お祖母ンの話(なつかしいわらべ唄)
文:若杉慧
髑髏の目にも涙
文:若杉慧
白い雲 赤い雲
文:若杉慧
咽声忠左衛門
文:若杉慧
善六淵
文:若杉慧
新地蔵和讃
文:若杉慧

※この書籍情報は、紅子が実際に書籍を手にし、目次をざっと目視で確認したものです。 お話タイトルにはヨミガナが無いため一部ヨミ方がわからないのもありました。内容は斜めにしか読んでません。(2012年7月28日現在)

カテゴリ内ページ移動 ( 50  件):     1 ..  18  19  20  21  22  23  24  .. 50    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)