ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の民話(未来社) >  大分の民話 第二集(日本の民話59)
大分の民話 第二集(日本の民話59)
この書籍の中のお話から 小槌の柄(0254)、意地の餅(0419)、がアニメ化されました。
書籍名大分の民話 第二集(日本の民話59)
編著名土屋北彦
出版社未来社(ほるぷ版だと第36巻)
発刊日1976年05月15日
管理番号mrnm59
※掲載情報は 2015/5/4 22:21 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数55話
収録数55話

目次(仮掲載)

(豊前地方)
かっこうの片足脚絆,赤い壁,貴船大明神由緒,婆さんに化けた猫,小倉ヶ池の大蛇

(国東地方)
小槌の柄,御名号袈裟斬り譚,おさるのおいどはなぜあかい,蛙の親不孝,六波羅堂,花咲か爺,猿地蔵,狼の報恩,お白粉地蔵,お初観音,があたろ相撲,大蛇の執念,継子節句,強欲の報い,ケンの恩返し,糞の皮をむく,火燃地蔵

(東部地方)
面ちがい,一匹のいわし,大蟇退治,獣人談,はなし,おごりの末,奉行のオーム返し,意地の餅,臥竜梅由来,婿入りの難問,百合若物語り,小豆研ぎと塗り壁,浜辺の怪

(西部地方)
狸と杉の枝,嘘つき小金吾,亡妻の呪い,亥の子唄由来,鎧を焚く,永生きする名前,のれんとかや,やかん問答,孝女の酒,へのこ比べ,馬鬼の怪,狐の誓紙,物を言う茶臼,三日月の滝,河童のたたり,光りだした石,トブト鳥,蛇切りの太刀,炭焼小五郎,吉四六ばなし(1)天のぼり,吉四六ばなし(2)痛い作法,吉四六ばなし(3)烏を売る,吉四六ばなし(4)馬がむげねえ,吉四六ばなし(5)火事さわぎ,吉四六ばなし(6)芝居見物,吉四六ばなし(7)牛の鼻ぐり,吉四六ばなし(8)神様をだます,吉四六ばなし(9)味噌豆

(わらべうた)

※この書籍情報は、紅子が実際に書籍を手にして内容をざっと確認したものです。(2015年5月現在)

カテゴリ内ページ移動 ( 79  件):     1 ..  56  57  58  59  60  61  62  .. 79    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)