このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0976
おなみぐさ
お浪草

放送回:0615-B  放送日:1987年09月12日(昭和62年09月12日)
演出:三善和彦  文芸:沖島勲  美術:三善和彦  作画:三善和彦
岐阜県 ) 8836hit
愛するお浪を竜に連れ去られた男の話

昔々、岐阜県柿野、西洞のミツボリ山には主が住むと云われていた。その麓の村に、お浪という大層美しい娘がいた。お浪は源三(げんざ)という村の若者を好いており、二人の仲は誰もがうらやむ程だった。

ある者は二人を「あんまり仲良うしとるとミツボリ山の主がやきもち焼くぞ。」などとからかったりした。二人は夫婦になる約束も交わしていた。

泊まり込みの山仕事が続き、帰って来た源三が久しぶりにお浪に会うと、お浪の顔はばかに青ざめていた。心配する源三に、お浪は突然暫くの間会わないで欲しいと言う。源三はそれ以来お浪に会えなかったが、お浪の両親は毎夜源三がお浪の部屋に来ていると思っていた。

ある晩とうとう源三はたまりかねてお浪のところへ行くと、障子に竜の姿が写った。源三は仰天して逃げ帰ると、布団を被って震えていた。翌朝になってお浪がいないと大騒ぎになり、源三を始め村人総出で捜し回った。道端に落ちているお浪の手ぬぐいや櫛を辿っていくと、いつしかミツボリ山に入り、大きな穴の脇にお浪の草履があるのが見付かった。

源三は必死にお浪の名を呼ぶが、穴の中からは水の流れる音に混じって、かすかに女のすすり泣く声が聞こえるばかりだった。三十五日後、お浪は源三の夢枕に現れると源三との思い出を胸に主の元で暮らすとだけ告げて消えてしまう。それから暫くミツボリ山の辺りをフヌケの様に歩き回る源三の姿が見られたが、それもいつしか消えてしまった。

やがてミツボリ山から中又洞にかけて、お浪の辿った道沿いに白い花が咲くようになり、誰言うとなく「お浪草」と呼ばれるようになった。

(引用:狢工房サイト)


参考URL(1)
http://mujina.agz.jp/onami.html
ナレーション常田富士男
出典岐阜県
備考岐阜県山県郡に伝わる話(一川鉄夫)
場所について岐阜県山県市柿野(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
4.7222 4.72 (投票数 18) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/22 1:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)