このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0973
とどどり
トド鳥

放送回:0613-B  放送日:1987年08月29日(昭和62年08月29日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:岩崎治彦
岩手県 ) 10457hit
あらすじ

あるところに老夫婦がいて、おばあさんはいつも畑まで弁当を届けていた。働き者のおじいいさんは、弁当をいつも楽しみにして仕事をしていた。

ある日、いつものように弁当を届に来たおばあさん。遠くから、働くおじいさんを見て、あと少し耕したら弁当を渡そうと考える。

しかし「そのあと少し」はどんどん先延ばしにされ、おばあさんの顔は欲で醜くなる。おじいさんは弁当を待ちつづけながら仕事を続け、ついに倒れ、そのまま死んでしまう。

おばあさんは正気に返り、自分の愚かさを嘆き、鳥になってしまう。その鳥の鳴き声は「じーさん、すまんかった」と聞こえるそうな。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典岩手のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細岩手のむかし話(各県のむかし話),岩手県小学校国語教育研究会,日本標準,1976年10月15日,原題「トド鳥になったばあさん」,採録地「下閉伊郡田野畑村」,話者「佐々木サキ」,再話「下山クニエ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.6000 9.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (31 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)