このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0958
おいせものがたり
お伊勢物語

放送回:0603-B  放送日:1987年06月13日(昭和62年06月13日)
演出:大橋六郎  文芸:沖島勲  美術:なべしまよしつぐ  作画:なべしまよしつぐ
島根県 ) 14911hit
あらすじ

お伊勢の家はとても貧乏で、両親と幼い弟妹達と暮らしている。

そんなお伊勢に縁談が来た。嫁ぎ先は沖にあるとある離島で、その島へは船が無いといくことができないが、お伊勢のすんでいるところとは定期的な船の交通などなく、一度島へ渡ってしまえば簡単に帰ることはできなかった。

まだ幼さの残るお伊勢は家族とはなれるのは嫌だったが、お伊勢一人分の食い扶持が減ればそれだけ家族が助かると言われ、島へ嫁ぐことにする。島に嫁いだお伊勢はよく働きいい嫁になったが、いつも家族を恋しく思っていた。

ある晴れた日のこと、お伊勢はとうとう我慢ができなくなり、海へ入ると住んでいた村を目指して泳ぎだした。

だいぶ沖まできたことだった。さっきまでは晴れていたのに急に天候が悪くなり、海が荒れだした。波が高くり、お伊勢はもうすぐ浜に着くというところで、波に飲まれ力尽きてしまった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


参考URL(1)
http://masuda.blog.jp/archives/1019950627.html
ナレーション常田富士男
出典出雲・石見の伝説(角川書店刊)より
出典詳細出雲・石見の伝説(日本の伝説48),萩坂昇,角川書店,1980年7年20日,原題「お伊勢物語」犬島・猫島とお伊勢物語
場所について島根県益田市の沖合いにある高島
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.5000 9.50 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

79 人のユーザが現在オンラインです。 (52 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)