このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0953
ねこおどり
ねこおどり

放送回:0600-A  放送日:1987年05月23日(昭和62年05月23日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:大野広司  作画:山田みちしろ
秋田県 ) 15513hit
だらしない嫁を飼い猫がやっつけようとした話(未遂)

昔、秋田の鹿渡(かど)という所にジュンショ?という家があった。ここの嫁は良く働くがだらしがなく、家の事や子供の面倒を見るのは好きではなかった。

ある日、家の上がり口に脱ぎ捨てていた着物の裾がぬれていた。嫁は、子供が寝小便をしたのかと思い叱ったが、子供は寝小便もしてないのにそれが何日も続いた。おかしいと思った嫁が夜中に見張っていると、飼い猫のタマがほったらかしの着物を羽織って外へ出て行った。

驚いた嫁が追いかけると、タマは墓場の先の小さなお堂に入っていった。そこは村中の猫たちが集まって、ろうそくの火を中心に輪になって踊っているのだった。猫たちは「ジュンショの嫁がだらしないのでやっつけれ」と、大合唱しはじめた。

怖くなった嫁は、走って家に戻りそのまま気を失った。朝になり目が覚めると、そこには脱ぎ捨てられた着物が置いてあり、やっぱり着物の裾は濡れていた。嫁は「だらしのない事をタマが諭してくれたんだ」と思い、それからは家の事も子供の面倒も見るようになった。

(紅子 2011-11-28 3:28)


ナレーション常田富士男
出典秋田のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細秋田のむかし話(各県のむかし話),秋田県国語教育研究会、秋田県学校図書館協議会,日本標準,1974年06月10日,原題「ねこおどり」
場所について秋田の鹿渡(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.7500 8.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/28 3:28 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)