このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0947
おにばばのいとつむぎ
鬼婆の糸つむぎ

放送回:0596-A  放送日:1987年04月25日(昭和62年04月25日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:井上由美  作画:若林常夫
青森県 ) 11598hit
一人で生きていく幼い娘を応援する鬼婆

昔、津軽の村はずれに、両親を亡くした幼い娘がたった一人で暮らしていました。娘は毎日毎晩麻糸を紡ぎ、町に売りに行って生活をしていました。

しかし、幼い娘にとって麻は硬すぎて、なかなか上手に紡ぐ事ができません。ある夜、死んだ母親の事を思い出し、寂しくなって思わず「おっかあぁ…」と月に向かって叫びました。

すると強い風が吹く中、どこからか恐ろしい形相の鬼婆が現れました。鬼婆は「泣くワラシはいないか、いたら食ってまうぞ」と娘に言いました。怖くなった娘は家の中へかけ込みましたが、なぜか鬼婆は家の中で座っていました。

鬼婆は、娘の麻糸の束をモリモリと食べ「この麻糸を食ったら、次はお前を食う」と、娘を脅しました。娘が「もう泣かない」と約束すると、鬼婆は先ほど食った麻糸を一本一本お尻から出しはじめました。

鬼婆の尻から出た麻糸は、黄金色に輝きながらふんわりと宙を舞いました。この麻糸はまるで真綿のようなやわらかさで、幼い娘でも上手に紡ぐ事ができました。娘は、鬼婆の尻から出た麻糸のおかげで上手に紡ぐ事ができるようになり、もう決して泣く事はありませんでした。

(紅子 2012-5-17 23:31)


ナレーション市原悦子
出典佐々木達司「西北のむがしコ」より
出典詳細西北のむがしコ,佐々木達司,文芸協会出版,1960年8月20日,原題「糸をつむぐおにばば」
場所について陸奥の津軽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.2857 9.29 (投票数 14) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/17 23:31 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)