このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0928
あのおにこわい
あの鬼こわい

放送回:0584-A  放送日:1987年01月31日(昭和62年01月31日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:蒼竜窟  作画:須田裕美子
京都府 ) 19324hit
京都の街並みに見る、鬼瓦と鍾馗さんが向かい合っている理由

昔、京の三条にある薬屋が、家を建て直すにあたって随分大きい鬼瓦を据えました。この鬼瓦の顔は、大江山の鬼も顔負けする程の恐ろしさでした。

この薬屋の向かいには、美人で気の優しい嫁さんがいましたが、鬼瓦の悪夢を見るようになりました。毎晩続く悪夢が原因で、嫁さんはとうとう病気になってしまいました。そこで、旦那が鬼瓦を降ろしてもらうようにお願いしましたが、薬屋の主人は取り合いません。

この話を聞いたお医者さんが、鬼を退治してくれる鍾馗(しょうき)さんを大きな瓦で作らせて、鬼瓦の向かいに据えました。しかし、どうしたわけか嫁さんの悪夢は続き、一向に具合は良くなりませんでした。そこでお医者さんが嫁さんの悪夢の中に入ってみると、そこには酒盛りに夢中になって鬼退治をさぼっている鍾馗さんがいました。

お医者さんからせかされた鍾馗さんが睨みをきかせるようになると、鬼も暴れなくなって、ようやく嫁さんの具合は良くなりました。こんな事があってから、京都では鬼瓦のある向かいの家では鍾馗さんを置くようになったそうです。

(紅子 2011-12-21 21:23)


ナレーション常田富士男
出典京都のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細京都のむかし話(各県のむかし話),京都のむかし話研究会,日本標準,1975年03月20日,原題「あの鬼こわい」,採録地「京・山城の話」
場所について京都の三条(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/21 21:23 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)